2020年8月 8日 (土)

イラク製油所の復興支援

日揮ホールディングスばイラク最大級の製油所の設備の復興支援を4000億円で受注しました。
資金は、国際協力機構(JICA)が円借款で提供します。
日本によるイラク戦争後の支援としては最大級だといいます。

JIM-NETでは15年間、イラクの白血病の子どもや難民キャンプの子どもたちの命を救う活動を続けてきました。
今回、JCFともに、イラクの3つの病院、難民キャンプの診療所などに新型コロナウイルスを防御するための消毒薬や手袋、サージカルマスク、ガウンなど送ることを呼びかけ、クラウドファンディングで寄付を募ってきました。
目標額140万円に対して、約240万円集まり、さらに、支援してきたバスラの小児白血病センターに感染防護の資材を送るよう、支援枠を広げました。

Pic011m

長年の活動のなかで、イラクの石油が日本のエネルギーの生命線になるんではないかという思いもありました。
アメリカとイランの問題で、イランの石油が入らなくなり、石油埋蔵量では世界で5本の指の入るイラクの石油に、長期的に頼らなければならない可能性が強まっています。

たくさんの支援をいただいて、ぼくたちはイラクの子どもたちを救う活動をしていますが、これまでの支援や交流が、こうした流れの下支えになっているのではないかと思っています。

|

2020年8月 7日 (金)

発達障害と落語

「日曜はがんばらない」(文化放送、朝6時20分~)
8/2のゲストは、落語家の柳家花緑さんでした。
人気落語家だけあって、ずっと笑わされ続けました。

まくらだけ集めた「柳家花緑特選まくら集 多弁症のおかげです!」(竹書房文庫)は、とにかくおもしろいのですが、運を身につけていく家族の人生哲学が展開されています。
花緑さんは子どものころ教科書が読めず、授業中もじっとしていられずしゃべってばかりの“落ちこぼれ”。
その理由を40代になってから知りました。
「僕が手にいれた発達障害という止まり木」(幻冬舎)には、そんな体験が書かれています。

Photo_20200807084101

彼には10人の弟子がいます。
なかには、おしゃべりが苦手な発達障害の人もいるとか。
よく考えると、落語の中には発達障害ぎみの人たちがけっこう活躍しています。
花緑さんの祖父は、日本の落語界を背負って立っていた柳家小さんですが、やっぱり発達障害ぎみだったようです。
すっかり花緑ファンになりました。

「日曜はがんばらない」は、こちらから過去の放送を聞くことができます。

http://www.joqr.co.jp/kamata/

|

2020年8月 6日 (木)

コロナとPCR検査

自宅でPCR検査をするサービスが始まっています。
夜間や休日などに訪問診療を行っているナイトドクターは、感染しているか心配、保健所に連絡してもなかなか対応してくれない、微熱がある、息苦しいなどの症状があるという人の自宅などを訪問し、PCR検査をするといいます。
ファストドクターでも、訪問PCR検査をスタート。
とてもいいことです。
最近は、診療所でもPCR検査を実施しているところが、わずかですが出てきています。
これらを、自治体や国のデータとうまくコンピュータで繋がるような形にすると、検査のデータが増え、陽性率も他の国並みになっていくでしょう。

Img_4881_20200806093601

オリンピックをやりたいならば(今の状況では来年開催はかなり無理だと思いますが)、政府と東京都はPCR検査に本腰を入れて、一日5万~10万件にする必要があります。
外国からの選手やお客さんを迎える上では、検査態勢の拡充は必須であり、その拡充は間違いなく国民の命や経済を守っていくことになるはずです。
GoToキャンペーンでお金をジャブジャブ使うよりも、検査を拡充することで、コンサートや旅行に行っても大丈夫か一つの目安になり、経済も回りやすくなるでしょう。
検査をしても、翌日また感染してしまうので陰性証明にはならないという議論もありますが、感染の疑いがある時には再度検査をすることが自由にできるようにすることで、安心して経済活動ができると思います。
経済を守り、命も心も守っていく上では、検査の機会が増えることは大切なことだと思います。

 

|

«コロナと介護崩壊