2015年8月 1日 (土)

ハウラさんら来日

JIM-NETでは、イラクの子どもたちの医療支援を続けてきたが、
白血病を乗り越えたハウラさんと、JIM-NETスタッフであり院内学級で教えているイブラヒム先生が来日した。
病気を克服した後、初めての国外旅行なので、日本の文化にびっくりすることと思うが、あまりの 蒸し暑さに、イラクの日常着では体調を崩さないか、とスタッフも気を配っている。
ハウラさんとイブラヒム先生は、本日から東京など各地でイベントに参加。
交流しながら、イラクの現状や平和について話を聞けるいい機会だと思う。
また、8月9日のイベントのトークセッションでは、イブラヒム先生に現地で働く日本のNGOスタッフとして、 安保法案をどう捉えるのかなど、お話を伺う予定。
8月は戦争や平和について考える機会が多い月。
ぜひ、ハウラさんとイブラヒム先生に会いに来てください。

詳しくはこちら↓

Photo

Photo_2

|

2015年7月31日 (金)

鎌田劇場へようこそ!(217)

「チャイルド44 森に消えた子供たち」
めちゃくちゃ面白い。
英国作家のトム・ロブ・スミスの同名推理小説の映画化。
日本でも、2009年の「このミステリーがすごい!」で、一位を取っている。
スターリン時代のソ連、政策の失敗からたくさんの孤児が生まれた。
その孤児が怪物になっていく。
スターリンは自らの失敗にもかかわらず、自分の身を守るために徹底的な粛清とスパイ活動を繰り広げる。
そのなかで、9~14歳の男の子たちが森の中で殺されていく。

Poster2

主演のトム・ハーディが熱演している。
地方警察の署長役のゲイリー・オールドマンの演技もすばらしい。
製作のリドリー・スコットもすごい。
見て損のない映画だ。

|

2015年7月30日 (木)

白血病を乗り越えた少女、来日

JIM-NETはイラクの白血病や小児がんの子どもたちの医療支援を続けてきた。
この夏、白血病を克服した19歳のハウラさんと、JIM-NETのスタッフであり、バスラの小児病院の院内学級のイブラヒム先生が、来日する。
ハウラさんが闘病中、描いた花の絵は絵本『ハウラの赤い花』にも使われている。
今回は、日本の花の絵を、日本の子どもたちと一緒に描き、交流の中でイラクの現実を伝えるイベントに参加する。
ぜひ、ハウラさんとイブラヒム先生に会いに来てください。

B0041661_2251376thumb400xauto1586

<イベントスケジュール>
8/1(土)東京 ※ハウラさん登壇予定
俳優座特別公演「戦争とは...」子どもに向けて
劇団俳優座5F稽古場 14.0~
料金:一般 2,500円 学生 1,000円 小学生以下 500円(全席自由)
お問い合わせ・お申し込み: 劇団俳優座 03-3470-2888 (代表) [10:30-18:30日・祝除く] 
8/2(日)札幌
イブラヒムさん講演会 ピース・オン・イラク~イラクの声を聞こう
札幌エルプラザ4F大研修室 18.30~20.30
参加費:500円 
主催:イラクからハウラを招く会
Email:haurasapporo@gmail.com 電話: 080-1898-7037(七尾)
※8月1日(土)~3日(月)
同会場4Fフリースペースにて開催 「ハウラとイラクの子どもたち絵画展」
8/9(日)東京
白血病を乗り越えたハウラさんとイブラヒム先生「トークと交流会8.9」
パルシステム生活協同組合東新宿本部2F
13:00~14:00 ワークショップ「赤ベコの絵付け」(対象:小学生)
14:00~16:00 トークセッション「白血病を乗り越えて」 出演:ハウラ・ジャマル/イブラヒム・ムハンマッド/佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
参加費:500円
必ず事前予約をお願いします(7/31締め切り):03-6228-0746(JIM-NET)
申込多数の場合は抽選とさせて頂きます。(定員:絵付け15名、講演会100名)
8/11(火)東京
新宿クリエイターズフェスタ2015  子どもアート「中東・アラブフェスティバル」
全労済ホール/スペース・ゼロ
9:30~17:00
※ハウラさんが会場で子どもたちと絵を描きます。


いずれも事前に申し込みが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください↓

|

«ホスピスの空気