2020年6月 5日 (金)

相互監視と私的制裁

罰則規定がない自粛要請だけで、何とか第1波を乗り越えつつあります。
「日本だからできた」ということもできますし、「やっぱり日本はすごい」とついつい自慢もしたくなります。

しかし、なぜ、自粛要請というあいまいな強制力が成立するのか。
そして、なぜ、「自粛警察」が暴走するのか。
それにはいくつかの問題があるように思います。

自粛というのは、あいまいな概念です。
テレビはそれを生活に落とし込み、具体的な行動を示してきました。
それがまるで生活の規範のように広がっています。
それを実践する人は、実践していない人を見ると非難したくなります。
自分ばかり実践するのはおかしい、不公平だ、従わない人がいると感染が広がってしまう・・・。
その結果、「正義」を錦の御旗にした「自粛警察」が出来上がっていきます。
しかし、その根底には、フラストレーションがあり、「正義」の名を借りているけれど、自分の不満のはけ口にしているのに過ぎないことを気が付いていないのではないでしょうか。

自粛が、自発的な協力ではなく、「相互監視」と「私的制裁」でコントロールされるようなところにまで行ってしまうと、社会は住みにくくなっていきます。
「差別」や「排除」も起こります。
かつて、小児麻痺がはやったときに、「患者の家」という張り紙をされる、とんでもないことがありました。
ハンセン病でもそう。
結核になった人は、地方では村八分にされたといいます。

Img_5170

「正義」や「権力」という大きなものの皮をかぶると、人間は何でもできてしまう。
それは、アイヒマン実験で証明されています。
アイヒマンは、数百万人のユダヤ人を収容所に送る責任者。
家族を大事にし、職務に励む、平凡で小心な一介の公務員だったアイヒマンのような人間に、なぜ、残虐な行為ができたのかを実証しようとする実験です。

「自粛警察」の暴走を防ぐためには、やはりリテラシーを上げることが大事です。
新型コロナ感染は、私的制裁で防げることではないということを知ること。
そして、感染を広げないために、一人一人がすべきことを理解することが大切です。

最近、女子プロの女性が自殺した事例をみても、「私的制裁」が厳しくなっているように思います。
コロナ後の日本社会が息苦しいものになってしまわないように、もっと穏やかな方法をとってもらいたいものです。

|

2020年6月 4日 (木)

都市封鎖とスウェーデン方式の間

スウェーデンは、都市封鎖をせず、ソーシャル・ディスタンスをとること以外には、比較的自由にしています。
医療崩壊は起こっておらず、経済活動も止めていません。
しかし、人口100万人当たりの死亡率は高く、現在の感染者数は約38000人、死亡者数は約4500人。
最近の抗体保有者率のデータをみると、スウェーデンくらい自由にしている国でも7.3%。
集団免疫60%には到底及びません。
隣国のデンマークやノルウェーは危機感を持ち、スウェーデンとの国境は封鎖したままにするようです。

それに対して、日本は感染者約17000人、死亡者約900人と、スウェーデンに比べれば圧倒的に優秀ですが、この状態が続けば経済や暮らしは疲弊していきます。
これから日本が経済活動を再開していくにあたり、スウェーデンのように感染を広げず、しかし、スウェーデンのように経済活動を止めないで“自由”を実現していくには、どうしたらいいのでしょうか。
欧米のいくつかの国が行った都市封鎖と、比較的自由なスウェーデン方式の間に、そのヒントがありそうです。

最近、一度抑え込んだかにみえた感染の波が、再び増える傾向があります。
韓国では、クラブでクラスターが発生。
教会で45人が感染しました。
日本では“夜の街”でクラスターが発生。
20~30人のパーティで7人が感染しています。

以前も書きましたが、口腔内の唾液が問題で、おしゃべりによる飛沫が感染源になるのではないかとぼくは思っています。
満員電車は3密ですが、電車内でしゃべらないようにすることで、リスクは下げられるのではないか。
パチンコ屋で大きなクラスターが出ていないのも、黙々と台に向き合っているからなのではないか、と推測しています。
クラブやライブ、カラオケを再開していくときには、おしゃべりや歌などで口腔内の飛沫を飛ばさないように工夫することが大事です。
ここを徹底すれば、社会経済活動を止めないでもいけるのではないか。
3密に加えて、おしゃべりをしないこと。
「3密」+「黙」を徹底することが重要だと思います。

介護施設でクラスターが発生しているのも、唾液が関係しているかもしれません。
要介護者には、まひや口腔フレイルがあるために、唾液が口からもれやすい人がいます。
感染者の唾液がテーブルなどにつき、介護士やほかの入所者が触って感染を広げるという可能性があります。

口腔内の唾液に注意して、感染を広げないようにすること。
そして、重症者の数と実効再生産数に注目していくことが大切です。
その日の感染者の増減にあまり一喜一憂しないほうがいいでしょう。
人工呼吸器を装着している重症者数は、全国でピーク324人から現在は120人に減っています。
実効再生産数は、東京は1.13人に跳ね上がっています。
アラートを出したのは、的確だと思います。
北九州市では一時1.8人でしたが、1.08人に下がってきています。
北九州市ではPCR検査を拡大しました。
112人の感染者のうちの61人は無症候性陽性者。
濃厚接触者を拡大解釈してPCR検査を徹底、無症状の感染者を割り出して自主隔離をしてもらうことで、感染を抑えることができると思います。
初期のころ、和歌山県がPCR検査を徹底して、火を消すことができました。
やはり第2波に備えて、PCR検査をさらに拡充することがカギとなります。

            ◇
本日、NHK総合「NEWSおはよう日本」(午前5時~)の7時37分ごろからのコーナーで、鎌田式スクワットとかかと落としが紹介されました。
明日5日も同コーナーで紹介されますので、ぜひ、ご覧ください。

Img_5162

5日、「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)に生出演します。
鎌田の出演は14時25分ごろから。
お楽しみに!

|

2020年6月 3日 (水)

鎌田式で乗り切るウィズ・コロナ

新型コロナの感染は、1~2年続く可能性があります。
コロナに感染しないことが何よりですが、もし感染したとしても「抗体ができる」と考えて、びくびくしないことです。
むしろ、大局的に考えると、コロナを恐れすぎることで起こる弊害のほうが大きい。
極端に活動が低下することで、フレイルや認知症、うつ病などが増えていく可能性があります。
コロナにはかからなかったけれど、認知症になってしまった、というような人が続出するのではないかと心配しています。

Img_4920

アフター・コロナは経済も社会も、ある意味で戦後の闇市のような混沌とした状況になる可能性があります。
今までのルールや仕組みが通用しなくなるのです。
しかし、それは悪いことばかりではありません。
混沌とした活気から、何を生み出していくか、そして、それにどう対応していくか。
一人ひとりが試されています。

フレイル、認知症、うつ病、依存症・・・といった体と心の健康も、
この1~2年のウィズ・コロナをどう過ごすかにかかっています。

6月4、5日はNHK総合「NEWSおはよう日本」(午前5時~)で鎌田式スクワットとかかと落としが紹介されます。
一緒に体を動かして、健康を守りましょう。

|

«今こそ、心をあたたかく!