2017年10月17日 (火)

新・空気の研究99

9/28の毎日新聞に、「政治を忖度」という見出しが載っていた。
一票の格差が最大3.08倍だった昨年の参院選を合憲とした最高裁判決に対して、
訴え側の弁護士グルーブが記者会見で、「政治に最大限配慮し、忖度した判決だ」と述べた。
今まで違憲とする判例が多かった。
それによって10人の定数を減らしながら一票の格差の是正が行われた。
しかし、最高裁が格差3倍でも合憲とするなら、これから選挙制度改革は行われにくくなっていく。

Img_8126

ぼくは、もっと国会議員の数を減らすことを検討する必要があると思っている。
参議院もをやめて一院制にする、というのは、希望の党の若狭さんが言いかけたが、
小池さんの一人決めで党の中心的な政策にはならなかった。
議員数を減らすとか、一院制にすることに反対する政治屋たちに忖度して、
小池さんも自民党も、それについて言わなくなっている。
言葉では、「愚直に」とか「身を切る改革」などというが、
自らを大事にすることを、愚直にやっているようにみえる。
身を切るのは、自分の身ではなく、国民の身だ。
政治がどんどん寂しくなるような気がする。
もっと大きな志をもてないものなのかな。
            ◇
本日、新刊『人間の値打ち』(集英社新書)が発売になりました。
朝日新聞に広告が載っています。
Img_8151
お金では買えない価値がある。
それが、人間なんだ。

ぜひ、お買い求めください。

|

2017年10月16日 (月)

明日、新刊発売

「人間の値打ち」(鎌田實著、集英社新書)
格差社会の中で、自分には生きる価値がないと思わされている人たちが増えている。
あるいは、上司からパワハラをされ、うつ病や自殺に追い込まれる若者もいる。
そして、一部の勝ち組だけが、大きな顔をしている――。
人間は、善も悪も内に秘めている。
困難ななかにこそ問われる人間の値打ち。
服従は人間の値打ちを下げる。

Photo

「空気に流されない生き方」「人生を楽しむ力」
「愛と死」「破壊力」「稼ぐ力」「別解力」「孤独を怖がらない力」
人間の値打ちを決める7つの知恵(=カタマリ)を提示しています。
ぜひ、お読みください。

|

2017年10月15日 (日)

答えのない問

廣済堂あかつき書店から出ている小学校道徳教科書「道徳6」に、
ぼくの文章が掲載されています。
「『がんばる』はぼくの宿題」
ぼくの「がんばりましょう」という何気ない言葉が、患者さんを泣かしてしまったことがあります。
「先生、もうこれ以上がんばれません」
教科書では、「答えのない問」として、
その後、鎌田医師はどうしたのか?
人を思いやることであらためて考えたことや、気付いたことはありますか?
など、子どもたちに問いかけています。

Img_8138

正解は一つではありません。
一人ひとりみんなが想像を働かせて、考えてみることが大切です。
いろんな意見があっていいのです。
ぼくたち大人だって30年ほど前は、「がんばらない」なんて許されない時代がありました。
がんばったり、がんばらなかったり。
大切なのは、あきらめないことです。

|

«新・空気の研究98