2021年6月15日 (火)

お知らせ

明日6月16日 午後8時~ NHK BS1
BS1スペシャル「シリア 隠された傭兵たち-内戦10年の果てに-」

内戦が続くシリアで、若者たちが次々と国外の紛争地で傭兵になっている。
背後に浮かび上がる大国の影--。
ナビゲーターは、難民支援を続けるSUGIZOさん。
13日放送の再放送ですが、とても良い番組です。

JIM-NETを通してイラクやシリアへの支援を続けてくれているSUGIZOさんが、
ナビゲーターというのも注目です。

SUGIZOさんは、ファッションデザイナーのTenboさんとギターを作り、イラクの子どもの医療費に協力していただいています。
頭が下がります。
すばらしい番組ですので、ぜひ、ご覧ください。

|

ゆっくり生きる

アブレーションでは静脈麻酔をかけられているので、カテーテル室に入るところまでは覚えていますが、
「これから静脈から麻酔を入れます」と言われてから、治療している最中のことは一切覚えていません。
静脈麻酔剤の作用も関係していると思いますが、
腸の動きが止まってしまったためか、夜中にお腹が張って苦しくなりました。

Img_5423


尿は、バルーンをつけて自然にバッグにたまるようになっていますが、おむつもつけました。
それがなんと、大王製紙のアテンドというおむつ。
まさか、自分が開発にかかわったおむつをするとは不思議な感覚になりました。
看護師さんから、絶対安静だからトイレ行けないので、そこでしてくださいと言われました。
しかし、これがなかなか出ない。
結局、腹が張って、とても苦しい思いをしました。
消化器の先生がやってきて、不整脈の問題が解決したら、今度は胃カメラと大腸ファイバーをやりましょうという話になってしまいました。
静脈麻酔中に無呼吸になっている時間もあるので、睡眠時無呼吸症候群の検査もしましょうとも言われました。
随分無理をしてきたなというふうに感じています。
少しずついろいろなものから自由になって、ゆっくりと生きなければいけない時が来ているのかな、と考えさせられました。

|

2021年6月14日 (月)

ギャッジベッドの自己決定

絶対安静とはいっても、時々ギャッジベッドを少しだけ上げることができました。
看護師さんが、電動でギャッジを上げてくれましたが、
その後、「微調整はお好きなようにしてください」と言って、調節器を渡してくれました。
これが、とても安心できました。

Img_6350_20210614091801

看護師さんが設定してくれたギャッジの角度とほとんど変わらないのですが、
自分で動かすことができると、自分が選択した角度なので納得ができます。
納得できるからこそ、じっと我慢ができて、安静を保つことができたように思います。
これも、自己決定のもつ力かなと、実感しました。

|

«高タンパクのゼリー