2018年11月14日 (水)

認知症とともに生きる希望宣言

若年性アルツハイマー病の佐藤雅彦さん。
厚労省の記者会見で、「認知症とともに生きる希望宣言」をしたという。
自分自身が捕らわれている殻を破り、前を向き生きていきます、と宣言している。

001 佐藤雅彦さんと

「認知症になると何もできなくなる」と思い込んでいる人がいる。
当事者のなかにも「認知症になったらおしまい」と考えている人もいる。
しかし、そうではないと宣言したのだ。
自分の力を生かし、社会の一員として、楽しみながらチャレンジしていく。
すばらしい宣言だ。

|

2018年11月13日 (火)

夢をしまっておける鞄

毎日新聞は歳末たすけあい運動で、画家や陶芸家、書道家らに作品を寄付してもらい、
それをチャリティー価格で販売する。
その収益や義援金は、難病患者などの施設、団体などに送られる。
ぼくは、いつも頼まれて、色紙を書いてきたが、
今年は京都のかばん屋、一澤信三郎さんに協力してもらい、
黄色と白の帆布のバッグに、筆で文字を書いた。

Img_1405

Img_1403

Img_1404

「夢をしまっておける不思議なかばん」
一点ものです。
ぜひ、購入してください。

|

2018年11月12日 (月)

キッチンカーわたりがらす

地域包括ケア研究所が運営するようになったまちだ丘の上病院。
もともと脳性麻痺の障害をもっている患者さんが多く、職員はやさしく情熱のあるプロフェッショナル。
運営を始めたばかりのときは厳しい状況が続いたが、地域の人の理解がすすむなかで、
入院患者さんも65人、一時的に70人を超える日も出て来た。
歌手のさとうむねゆきさんがコンサートに来てくれたり、そば打ちの会など、いろんな催しが開催されるようになった。

Img_1495

Img_1494

キッチンカー#わたりがらすの金原さんも、病院でカフェを開いてくれるようになった。
イベントがあるときには、ホットドッグなどみんなが喜びそうなものを準備してくるとのこと。
たくさんの人がかかわり、いい効果を生んでいる。

|

«上条百里奈さんと対談