2018年12月11日 (火)

今年も金時みかん

四国から金時みかんが送られてきた。
すぐに犬養兵衛さんからだと思った。
見るだけでも美しい、おいしいみかんは、犬養さんが毎年送ってくれていた。

Img_1580

1987年、朝日新聞阪神支局が、目だし帽の男に銃撃された。
1人の記者が亡くなり、犬養さんは200以上の散弾銃の弾を被弾した。
弾があと2㎜ずれていたら心臓に当たっていたという状況で、奇跡的に助かった。
右の第4指と第5指はこのとき失った。
その後、彼は復帰して、諏訪支局長として赴任した。
おそらく50発くらいの弾を体内に抱えたまま、記者として仕事をしていた。
ぼくの外来に通うようになり、つきあいが始まった。
教養のある人で、世の中のいろんな動きについて語り合った。
穏やかな人だった。
蓼科が気に入っていたが、年をとり、あたたかいところがいいといって、四国に帰っていった。
犬養さんは、今年1月亡くなったが、理不尽や不条理のなかで、必死にていねいに、やさしく一日一日を生きた。
今年はご家族が送ってくれた金時みかんを食べながら、犬養兵衛さんを思いたい。

|

2018年12月10日 (月)

鎌田版「アリとキリギリス」

『かまた先生のアリとキリギリス』が童心社から発売されました。
  脚本 鎌田 實
  絵 スズキ コージ

11

鎌田の初めての紙芝居です。
イソップ物語の「アリとキリギリス」は働くことの大切さを教えていますが、
今の子どもたちが希望をもてるような物語にしたいと、この紙芝居ができました。
友情の大切さや他者を理解することの大切さ、見えないところで努力することの大切さ、
夢と希望をもつことの大切さをえがいています。

19

112

絵は、スズキコージさんの迫力のある作品。
子どもたちはもちろん、大人もひきつけられてしまいます。
『かまた先生のアリとキリギリス』
ぜひ、今年のクリスマスプレゼントにいかがですか。
紙芝居なので、絵本の読み聞かせをしている人にもおすすめします。

|

2018年12月 9日 (日)

博多、仙台、角田・・・

相変わらず、全国を駆け回っている。
博多で講演し、鮨そえ島というところですしを食べ、

Img_1574

ぼくの本のファンと言われたので、色紙にサインした。
その後、空港でスーラーメンと餃子。

Img_1573_2

飛行機で仙台へ飛んで、午前中、ホームホスピス全国合同研修会で、「命の輝きを支える」と題して講演した。
その後は、宮城県の角田市に行き、虹の園の35周年のお祝いの講演をした。
ぼくは虹の園の応援団長。
毎年、カレンダーの題字を書いたりしている。
いま虹の園には160人の障害のある人が働いている。
給料は2万8000円だが、将来的に4万5000円まで出せるようにしたいとがんばっている。
給料が4万5000円あれば、障害年金と併せ、自立することができる。
来年も、応援に行く約束をした。

|

«お知らせ