2018年5月23日 (水)

カマラジオ #5

kamaradio(カマラジオ)

鎌田實「いのちを語る」第5回を配信します。

Himalaya_inochi_2Himalaya_2

|

2018年5月22日 (火)

岸井成格さんを悼む

ジャーナリストの岸井成格さんが亡くなりました。
「NEWS23」のキャスターや「サンデーモーニング」のレギュラーコメンテーターをなさっていました。
あるとき、ぼくが書いたり、話したりしていたパレスチナでの「命のリレー」の話について、
岸井さんは「究極の決断」とコメントされました。
パレスチナの少年がイスラエル兵に撃たれ、脳死状態になりました。
その父親は、息子の心臓を、イスラエルの少女に提供することを決断したのです。
その話を取り上げ、「究極の決断」と話してくれました。

Img_9550

お会いしたのは8年ほど前、岸井さんは大腸がんを患っていました。
腸を40㎝ほど切除し、ほぼ完治したということですが、その後、肺がんとなり亡くなられました。
大きな力に対しても、恐れず、大切なことを発言しつづけていた岸井さんがいなくなり、残念です。
今のような時代こそ、岸井さんのようなジャーナリストのパワーが必要なのに。
岸井さんの熱い思いを、たくさんの人がバトンとして受け継いで、おかしいことはおかしいと言い続けていく必要があると思います。
岸井さんのご冥福をお祈りします。

|

2018年5月21日 (月)

忖度という空気

4月19日の熊本日日新聞のコラム「新生面」に、『忖度バカ』のことが書かれていた。
以下はその一部。
「・・・そんな忖度問題に明け暮れるうち、国際社会から蚊帳の外に置かれた感のある安倍政治。挽回すべく日米首脳会談が開かれた▼首相は北朝鮮問題での成果を強調したが、自国第一の大統領が「日朝問題にどの程度熱意を持っているかは未知数」という懸念は強い。首相は大統領の真意をどう推し量っているのだろう▼話を戻すと、過度な忖度の背景に社会の分断や不寛容を読み取るのは医師の鎌田實さんだ(「忖度バカ」小学館新書)。その息苦しさから逃れるために先回りで服従している、と▼野党議員に「お前は国民の敵」と暴言を吐く自衛官、セクハラ被害の女性に「名乗って」と言う政治家も何やらつながって見える。よどんだ空気を変えるのは「王様は裸」と言い切る純粋な目だ」

Photo

日本の空気を正常に戻すには、勇気をもって空気をかきまわし、入れ替えることが大切だ。

|

«鎌田劇場へようこそ!(384)