2017年12月14日 (木)

鎌田劇場へようこそ!(365)

「ジュピターズ・ムーン」
ハンガリーの映画。
人間臭いファンタジー映画だ。
カンヌ国際映画祭で審査員を務めた俳優ウィル・スミスがこの作品を推したが、
ほかの審査員を説得できなかった。
「ときに民主主義って最低だね」と発言している。
すぐれたものが必ず支持されるわけではない。
そのときのムードや流れで決まっていくことも多い。
ウィル・スミスがなぜ、それほどまでに推したのか、よくわかる。

Photo

シリアの難民がヨーロッパを目指すが、その途中にハンガリーがある。
そこでの出来事だ。
少年は逃げ遅れ、国境の警備隊員に銃撃される。
そこから少年は、宙を飛ぶ不思議な力をもつ。
少年の名はアリアン。
Alien、エイリアンのことだ。
CGをほとんど使わず、少年をクレーンで釣り上げての撮影。
映画に出て来る人物がみんな何か問題をもっていたり、邪悪な心をもっている。
裏切りと絶望のなかで、少年と治療した医師との間に友情と信頼が芽生えていく。
この人のために、と動き出すところが実におもしろい。
来年1/27からロードショー。

|

2017年12月13日 (水)

鎌田實の一日一冊(318)

「森の探偵-無人カメラがとらえた日本の自然」(宮崎学、小原真史著、亜紀書房)
信州で長く活躍する動物写真家の宮崎学は、土門拳賞をはじめいろいろな賞を総ナメにしている。
フクロウが野ネズミを捕まえて飛び立つ姿などは自然の美しさを見事にとらえている。
宮崎さんは森のなかに入りこんで、クマやイノシシ、キツネなどの写真を撮りながら、
どんな命のやりとりがあるのかを探っていく。

Photo

彼の考案した無人カメラはどんどん進歩し、動物たちが自然なふるまいを見せてくれる。
彼は、その姿から自然の発するメッセージを読み解いていく「森の探偵」である。
一枚一枚の写真の意味を読み解いていく不思議な写真集である。

|

2017年12月12日 (火)

鎌田劇場へようこそ!(364)

「5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生」
実話である。
ベーチェット病で視力が5%になってしまった弱視の若者には、
5つ星ホテルで働くという夢がった。
目が見えないことを隠して、働き始めるが、
グラスを洗っても、水滴の拭き残しがある。
上司にそれをしかられ、夜中じゅうグラスを洗い直しする。
お客の姿は見えないまで、声で聞き分ける。
ハムのスライサーでケガをしてしまう。
そんな苦労を重ねるうち、少しずつ応援が入る。
夢を諦めなければ、何とかなるものだ。

5

彼は、自分を失っていない。
親友をつくり、持前のやさしさが恋を成就させる。
大きな夢が実現していくのだ。
嘘から始まる素敵な人生。
とにかく楽しくなる、人生の闘い方の映画だ。
まるで「ロッキー」をみているような気がした。

|

«世を問う歌