2022年8月12日 (金)

ウクライナを想う(44)

ポーランド・クラクフの宮永さんが、ウクライナ避難民のための援助物資配給所に食料と衛生用品を届けてくれました。

夏休みに入ってから援助物資の届く回数が減ってきて、倉庫の食料も底を尽きる寸前だったとのことです。

集団避難所が設けられていた旧ショッピングモールは、8月末までで閉鎖・解体されるとのこと。

集団避難所に住んでいた人たちは、クラクフ市内にある3カ所の別の集団避難所に引っ越しをしています。

衣類配給所(SzafaDobra)や、ショッピングモール前の駐車場に設置されているWorld Cetral Kitchenの食料配給所も、8月いっぱいで閉鎖されるそうです。

避難生活が長期化して、支援が減っています。ウクライナの戦争は、終わりが見えません。

日本は、終戦から77年。平和について、あらためて考えています。

6_20220811163901

5

|

2022年8月11日 (木)

鎌田實の一日一冊(420)

『温泉の秘密』(飯島裕一著、海鳴社)

著者は、信濃毎日新聞編集委員で、サイエンスライター。
ぼくの友人でもある。
飯島さんは、科学ジャーナリスト賞(2007年)を受賞した「20年目の対話 チェルノブイリ原発事故」の取材班メンバーで、チェルノブイリの子どもの医療支援を行っているJCFともかかわりが深く、何度も現地を訪問している。

Photo_20220808235601

本書は、温泉通でもある飯島さん、渾身の一冊。
20年間を費やして自分の足で歩き、温泉の魅力と謎解きに挑んでいる。
黒い湯、白濁の湯、青い湯、緑の湯、さび色の湯……。
白骨温泉、栄村の秋山郷など、いくつかぼくも行ったことがある温泉も紹介されている。
温泉の魅力満載の非常におもしろい本だ。

|

2022年8月10日 (水)

Coffee for Peace!

好評につき、JIM-NETの「Coffee for Peace!」の第2弾がスタートしました。
カルディコーヒーファームの協力により、オリジナルの絵をパッケージデザインしたドリップコーヒーを限定販売をしています。

Img_7911

黄色い鳥と花の絵をかいてくれたのは、イラクにあるJIM-NETハウスでアート活動が好きだったエハラス。
姉のサーラとともに地中海性貧血を患っていました。
サーラは14歳で20年12月に他界、その半年後にエハラスも12歳で亡くなりました。
ふたりがとても楽しそうにJIM-NETハウスでお絵描きをしていた姿が忘れられません。

もうひとつの仲良し猫の絵をかいてくれたのは、9歳で白血病を発症したハウラ。
今ではJIM-NET専属のアーティストとして活躍中です。

ドリップコーヒー2個とスペシャルカード1枚のセットで550円(税込み)。
このうち300円が活動資金になります。
ポストカードのご用意もあります。
※送料は別途ご負担をお願いいたします。

おいしくて、かわいい「Coffee for Peace!」のドリップコーヒー。
ちょっとしたプレゼントにも喜ばれると思います。
ぜひ、お買い求めください。

詳しくはこちらから↓

https://www.jim-net.org/2021/08/10/7102/

|

«健康づくり条例