2017年6月24日 (土)

お知らせ

明日25日、読売新聞朝刊に『遊行を生きる』(清流出版)の広告が掲載されます。
QRコードをスマートフォンでかざして読み取ると、動画が見れます。
鎌田が、「遊行を生きる」ことの核心について語っています。

Photo

ぜひ、ご覧ください。

|

2017年6月23日 (金)

新・空気の研究39

6/15の信濃毎日新聞の「『共謀罪』わたしの視点」、6/18の毎日新聞の連載「さあこれからだ」では、どちらも自由な発言の大切さについて述べた。
自由に発言しにくい空気をつくることで、権力者はやりやすいくなるかもしれない。
しかし、長い目で見たとき、この国のエネルギー、活気はなくなってしまうだろう。
ときには空気を読まないで、汚れてきた空気をかき回さないといけない。
「これはおかしい」と声を挙げた人を守り、声を挙げやすい空気をつくることが大事である。

Img_6790

Img_6788

国民の発言の自由は憲法で認められている。
なおかつ、公益通報者保護法によっても守られている。
東芝や富士ゼロックスなどの「不正会計」が発覚したのは、内部通報がきっかけである。
そういう自浄作用が働く社会というのはとても大事である。

|

2017年6月22日 (木)

鎌田實の一日一冊(314)

「orange」(高野苺著、双葉社)
同級生が自殺し、10年後の自分から手紙が届く。
主人公の高校生たちが自分の未来を変えるために、後悔しないために、努力を始める。
映画にもなった。

Photo

パラレルワールド、もう一つがあるというコミックらしいコミック。
著者が体調を崩したりしてなかなかすすまなかったが、全5巻で完結。

|

«鎌田實の一日一冊(313)