2020年4月 6日 (月)

動きを8割減らそう

昨日5日、東京都の1日の感染者が143人を数え、都の累計感染者数は1000人を超えました。
感染経路不明の感染者が、一週間前に比べて3倍に増えています。
これは、もう感染爆発といっていい状態です。
PCR検査の数が少ないために数値は目立たないけれど、とんでもないことが起こりだしていると考えられます。

医療従事者の感染者は153人。
福岡がいちばん多く、次は東京。
大阪、兵庫も多くの医療従事者の感染を出しています。
院内感染が起った病院では、外来診療なども止まりはじめています。
これが続くと、がんや脳卒中などの治療ができなくなっていき、日本国民全体の命を守れなくなっていく可能性があります。

テレワークを進めている大企業もありますが、現場に行かないと仕事にならない人も多数います。
日本のテレワークの実施率は低いのです。
密閉、密集、密接の3つの「密」を避けようと訴えているのに、「夜の町」やカラオケ、ライブで、いまだに感染する例も出ています。

こうした新型コロナの感染の勢いを止めるには、人と接触する回数や動きを8割減らすこと。
できるだけ自宅にいる時間を長くし、外出したときはソーシャル・ディスタンスを2m程度保つように注意したいものです。
自分で自分の身を守るというのも大事ですが、もっと大事なのは、自分が感染を広げてしまう手伝いをしないことです。

ここ1か月が勝負。
この1か月、みんなが8割動きを減らせば、1回目のピークは下方へ向かうはずです。
そうやって急場をしのいだ後、中長期的にぼくたちの国はどう生きていったらいいのかを考えればいいのです。

感染拡大の緊迫したニュースばかり聞いていると、不安になり気持ちもすさんでしまいがちです。
イライラして批判や悪口を言いたくなったら、いちばんつらい人たちのことを想像することが大切です。
この巣ごもりの期間に、本を読んだり、家で音楽を聴いたり、ネットで映画を見たりして心を落ち着け、新しいウイルスとの闘いを通して、生き方を少し変えてみる。
その戦略を立てるための1か月にしてみたらいいと思います。

米国のジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使は3日、ビデオメッセージを公開しました。
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の日本の対応について、「米国人乗客は最高のケアを受けた」と述べ、謝意を示しました。
これまでぼくは、政府の方針にダメだダメだと批判してきましたが、
評価すべきこともあります。
厚生労働省は、安定した陽性者をホテルに移動できるようにマニュアルを整備し、東京都がさっそく決断しました。
とてもいいことです。
収入が大幅に減った中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を給付するというのもいいことです。
パーのホステスさんや風俗で働く人にもきちんと補償し、しっかり休業できるようにすることも忘れないようにしたいものです。

 

|

2020年4月 5日 (日)

イラク駐在員/牧野アンドレ on 日テレ

JIM-NETイラク駐在スタッフの牧野アンドレ君が、
日本テレビ「the SOCIAL guest」で取り上げられました。

ジムネットの活動を担う逸材です。
楽しく、優しく、温かい人柄で、
難民キャンプでも大人気です。

イラクでの人道支援のあり方について、語っています。
ぜひご覧ください。

新型コロナ感染拡大が世界的に広がる中、
小児がんの子どもたちのサポートを続けています。

【日テレNEWS24 the SOCIAL】

人道支援 未来を切り開く”手伝い”したい
https://www.news24.jp/articles/2020/03/30/07617553.html

境界を越え共に働く 人道支援への関わり方
https://www.news24.jp/articles/2020/03/30/07617601.html

|

コロナ後の新しい生き方

中国の武漢から始まったといわれる新型コロナ。
習さんの中国共産党が医師たちの警告を無視しなかったら、
こんな大事にはならなかったのではないでしょうか。
トランプさんのスタイルはディールには長けていますが、未知のウイルスとの闘いには向いてない。
アメリカは、トランプさんのハンドリングの間違いで、後手に回っています。
ブラジルのボルソナーロさんも、心配。
すでに8000人の感染者が出ています。イタリアやスペインを追いかけなければいいなと思います。

ぼくたちの国では、一強が長く続き、専門家が口出しできないようになっていました。
この一強という形は、何が起こるかわからない時代には破綻しやすいのではないでしょうか。
安倍さんもそれなりにがんばっているのはわかりますが、
国民の心を一つにまとめて引っぱっていく力があるかというと疑問に思います。
そういう意味で、自民党ももっと若い政治家が元気を出してほしい。
国民の気持ちを熱くさせるような、政治家が頭角を現してほしいと思います。

Img_4405

ニューヨークのクオモ州知事が4/1の会見でこんなことを語っています。
「この状況は私たちに多大な影響を与えました。これを経験して、戻った「通常」はコロナ前の「通常」とは別物だと思ってください。
個人として、社会として、私たちは変形してしまったのです」

ぼくたちは新型コロナと闘いながら、どうやって立ち上がっていくのかという問題に直面しています。
しかし、その先に希望もあります。
立ち上がったとき、政治や社会、生活、仕事など、生きやすい形を選び取っていけるということです。

日本は、一人当たりGDPも世界競争力ランキングも幸福度ランキングも低迷していました。
コロナ後には、もっと幸福を意識できるようになればいいと思います。
働き方も、口先だけでない働き方改革が必要です。
いまはリモートワークを余儀なくされていますが、リモートワークにもいいところがあります。
業種、職種によっては、積極的にリモートワークを取り入れて、ワークライフバランスを整えていければ、もっと豊かな生き方ができる可能性があります。
いちばん変えたいのは子どもの教育です。
ネットを使った教育に、これまでそんなに価値を感じていませんでしたが、こうした状況になったとき日本が遅れていることがよくわかりました。
国はつまらないお金を使わないで、小学校から高校まで、一人一台パソコンやタブレットをもてるようにして、オンライン授業などもできるようにしたほうかいいと思います。
感染症の予防だけでなく、学習支援が必要な子や不登校の子どもにも学習の機会が広がるかもしれません。

コロナ後は、人と人がつながる大切さを再確認できると思います。
芸術の力の大きさも、しかり。
いま映画、演劇、舞台、音楽などの関係者、フリーランスのカメラマンやイラストレーターたちは、生きるのがやっとという状況に追い込まれています。
芸術は豊かな時代のぜいたく品ではありません。
人間が生きていくうえで必要なものという理解のもとに、アーティストを大切にする国になってもらいたいと思います。

所得がダウンした世帯に30万円を支給するというのは、いいことですが、医療従事者が非常に厳しい状況にいることも忘れないでほしい。
しかも、その家族まで、差別されている現実があります。
医療関係者の子どもが保育園で孤立しているという話を聞くと、なんとも悲しくなります。
「分断」ではなく、「協同」が大切です。
そして、新型コロナが世界中に広がっていくことを考えると、地球全体のあり方を考えないといけないと思います。

|

«神風は吹かない