2018年8月14日 (火)

高校生のリーダー養成塾

福岡県宗像市で行われている「日本の次世代リーダー養成塾」、
昨年に続いて講演してきた。
熱い志をもつ高校生たちが集まった。
一時間の講演のあと、30分のディスカッション。
30人近い高校生から手があがり、おもしろいディスカッションができた。
いい大学に入るために覚え込ませることよりも、考えてディスカッションする力を養成することは大事なことに思える。

Attachment8031

Attachment80327

この2週間の養成塾の最後は、92歳でマレーシアの首相に返り咲いたマハティールさんの講演だ。
770億円の賄賂を海外から迂回して受け取った疑いがかかっているナジブ首相と闘って、国民の信頼を勝ち取った。
そんなマハティールさんはリーダー養成塾を気に入って、なんと国の有力者50人を連れてやってきた。
マレーシアなど東南アジアに中国が進出していることに対して危機感をもち、
日本との関係を構築しなおしたいと考えているようだ。
その気にさせたのは、若者の真面目な姿勢。
そこに日本の未来を感じ取っているのだと思う。

|

2018年8月13日 (月)

お知らせ

「PHP特別保存版10月号」
かつて俳優の児玉清さんと、「心をあたためる言葉をもとう」というテーマで対談をしました。
不安ばかりに目を向けないで、あるときは精一杯がんばったり、あるときはふっと力を抜いてみたり。
そういうふうにしないと人間は生きていけない、と鎌田は述べています。

Img_0775

いい言葉は心を強くするとして、
「ときには下る勇気をもってみること。下ることを恐れずに歩いてみること。それがまた上る力を与えてくれるのだと思う」という言葉もあげています。
心の強い人の心理習慣、ぜひ読んでみてください。

|

2018年8月12日 (日)

豪雨被害の総社市へ

西日本豪雨で被害を受けた岡山県総社市にさださましさんと支援に入った。
大変な被害を受けた地域だが、以前から避難訓練が行われ、
ボランティア意識を高める福祉活動が行なわれている地域で、お互いの助け合いが行われていた。
全国からの支援物資も、被災者が自由にもらうことができる。
足りないものをSNSで発信すると、全国の人が協力してくれる、と社協のスタッフも感謝していた。

Img_0714

Img_0728

Img_0750

隣の倉敷市真備町では、広範囲に水に浸かり11のうち10の医療機関が浸水。
中心的な真備記念病院も使えなくなってしまい、仮設の診療所で診察していた。
地域の薬局もほとんどが浸水し、一時は薬の供給に困ったようだが、今は診察ができ薬が出せるようになった。
厳しい状況のなかで、いろんなことが行われていることがわかった。

Img_0740

Img_0746

Img_0747

Img_0751

豪雨災害の被害の傷は大きく、まだまだ支援は必要だ。
9/23には、さだまさしさんと再度、支援に入る計画をしている。
ぼくは、避難生活のなかで健康を失わないようにするための健康の話をし、さださんはミニコンサートをする。
避難生活では炭水化物が多い食事に偏りがちだが、
茅野市のステーキハウスが、ステーキ丼やうな丼、コンテストで世界一になったソーセージを使ったホットドッグなどを持って支援に入ろうと考えている。

|

«鎌田劇場へようこそ!(391)