2021年1月23日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(491)

「ステージ・マザー」


2月26日ロードショー。
ストレスがたまっている人にうってつけの楽しい映画、大笑いです。

ゲイバーを経営する息子が、突然、亡くなった。
テキサスで生活する母親は夫の反対を押し切って、サンフランシスコに行ってゲイバーのオーナーになる。
みんなのお母さんになって、みんなを立ち直らせようとする。
赤字だったゲイバーも大繁盛。

Photo_20210123125001

役者が粒ぞろい。
ゲイバーの非日常のパワーの凄さもよくわかった。
とにかく楽しい、素晴らしい映画です。

|

2021年1月22日 (金)

鎌田劇場へようこそ!(490)

「カポネ」

2月26日全国ロードショー。
カポネの最晩年を追った異色映画。
1000万ドルをどこに隠したのか、 FBI が秘密捜査を続けている。
奇行が多くなっていくカポネは、脳梅毒と認知症が発症していたと思われる。
幻覚症状が出ていた。
家族も仲間も FBI も、病気を演じているのか、本当に病気によるものなのかが分からない。

Photo_20210122120501

カポネを演じるのはトム・ハーディ。
この役者のすごさを見るための映画のようにも思う。
2018年に「ダンケルク」を見たが、トム・ハーディはそこでも光っていた。
今後もトム・ハーディに注目していきたい。

 

|

2021年1月21日 (木)

鎌田劇場へようこそ!(489)

「ある人質生還までの398日」


ISから息子を救出した家族の奇跡の実話。
カメラマンの青年がシリアに入る。
反政府軍の了解と案内でシリアに入ったが、そこはISが占拠し、支配関係が変わっていた。
ISは若者を拉致し、身代金を要求する。
デンマーク政府は、テロリストとの交渉を認めない。
拉致された多くの仲間たちが殺されていくなかで、家族は身代金を集めようとするが、なかなか集まらない。
それでも負けない家族と、極限の状態を生き抜く若者、最悪の状況下で仲間を支えようとする人間の心に感動する。

3
求められて、こんなコメントを書いた。
「希望は絶望に打ち勝つ。生きる勇気をもらえる映画だ」
2月19日からロードショーです。

 

|

«鎌田劇場へようこそ!(488)