2017年1月23日 (月)

地域包括ケアシステムとは何か74

自治医科大学の地域医療学センターの梶井教授の呼びかけで、
「地域包括ケアって何だ」というセミナーをさせていただいた。
同窓会が協力してくれ、休み明け間近で連絡も行き届かなったが、あっという間に教室がいっぱいになった。
あたたかな医療があること、おもしろい医療があることを学生にわかってもらいたかった。
反応もとてもよかった。
質問も出た。
地域包括ケアをするためには、想像力が大事なんですね、と医学部6年生もたくさん参加してくれた。

170115img_6079

患者さんとのかかわりは、正解は一つではない。
別解がある。
年齢やその人の生き方によって、ベストな治療法は違ってくる。
そういう意味で、想像力を豊かにして、別解を見つける力が必要なように思う。

|

2017年1月22日 (日)

お知らせ

NHKBSプレミアムの、過去に好評だった番組をもう一度楽しむ「プレミアムカフェ」(月~金、午前9時)。
24~26日の3日間は、鎌田がゲスト出演する。
24日は、「世界一番紀行 世界で一番長生きが多い里~中国・広西巴馬」
100歳以上の数が世界一だというチワン族を女優の吉本多香美さんが訪ねる番組だ。
豊富な野菜があり、高齢者が生き生きと働いている。
健康で長生きのヒントがたくさんある。

Img_6076

25日は「定年・夫婦で走った40日~中米縦断・トレーラーの旅」。
定年後の25組の夫婦が、トレーラーハウスで40日間の旅をする。
まるで遊行だ。
遊行は、人間が自由になる大切な時間。
「エデンの東」を書いたスタインベックも、チャーリーとの旅と題して、トレーラーハウスでアメリカ大陸16000キロを旅した。
これにより、彼は新しい境地の作品をつくる。
26日は、「秩父の山中 花のあとさき~ムツばあさんのいない春」。
150年、何代にもわたって開墾してきた秩父の田畑を自然に戻すため、1万本の花を植え続けたムツさん夫妻の姿を描く。
ぜひ、「プレミアムカフェ」をご覧ください。

|

2017年1月21日 (土)

虹の園

宮城県の障害者施設「虹の園」では、ぼくの本をそろえて販売してくれている。
先日、発売されたばかりの新刊『遊行を生きる』(清流出版)も置いてくれている。
ぼくがこの施設グループの応援団長だからだ。

Img_6077

このグループは障害者の雇用を広げるために、おもしろいことをいっぱいやっている。
がぎゅうべーカリーのパンはとてもおいしく、出張販売するとすぐ売り切れる。
にじいろカフェ、美山の里、バカ美味ぎょうざ、ぱぴハウスなど、
宮城県内に7つの店舗、川崎市に2店舗、展開している。
ぼくは東北に講演に行くと、帰りに立ち寄って講演会などをして応援している。
虹の園のグループのお店に、おいしいピサやおだんご、パンなどを食べに行って見てください。

|

«新刊『遊行を生きる』発売