2018年1月22日 (月)

鎌田劇場へようこそ!(370)

「ナチュラルウーマン」
トランスジェンダーのマリーナは、年の差のある恋人オルランドを突然、亡くし、悲しみに暮れる。
その役を、自身もトランスジェンダーである歌手ダニエラ・ベガが演じている。
愛する人を喪った悲しみや怒り。
自身が歌うアリアが、切々と悲しく響く。

Photo

人生の向い風のなか、それでも必死に自分らしく生きようとする強さが、
こちらにまで伝染してきそうだ。
透き通った怒りと、切々した悲しみが見事な映像美となってあふれている。
シネスイッチ銀座などでロードショー。

|

お知らせ

本日、開催予定の「地域医療みらい塾」は、雪で交通が混乱すると予想されるため、
延期になりました。
すでに60人近くの方が予約してくれていましたが、申し訳ありません。
日程は、あらためてお知らせしますので、注意していてください。
よろしくお願いいたします。

|

2018年1月21日 (日)

ぼくの好きなフェルメール

数年前、フェルメールを見た。
見ようと思ったきっかけは、「失われた時を求めて」を書いたプルーストが、世界で最も美しい絵と書いていたから。
ニューヨークの5番街にあるフリック・コレクション所蔵の「兵士と笑う娘」は、メトロポリタン美術館で。
オランダのマウリッツハイス美術館では「真珠の首飾りの女」を見た。
圧倒的に好きな絵で、フェルメールの光と影が特徴的に表現されている。
しかも、若く美しい女性が描かれている。

Photo_5

Photo_6

デルフトという町にも行った。
「デルフト眺望」の雰囲気が今も残っていることに驚いた。

Photo_7

町のたたずまいを守りつづけているヨーロッパの文化の底力のようなものを感じた。
日本は古い文化を大事にしているいるように見えるが、
どこの国の文化でも、新しい文化でも、器用に受けれながら、変化を受け入れて来た。
ここに大きな違いがある。

|

«1/27(土)本別町でイベント