2021年4月17日 (土)

鎌田實の一日一冊(389)

「僕らは風に吹かれて」(河邉徹著、ステキブックス)

著者はバンドWEAVERのドラマーとして2009年にメジャーデビュー。
バンドでは作詞を担当しており、いくつかの小説も発表している。

主人公は、メジャーデビュー間近かベーシスト。
インスタグラムでは5万人のフォロワーがいる。
大きなツアーが企画されているさなかにコロナが始まり、とんでもない壁が立ちはだかる。
おそらくこの1年、多くの若者や音楽家たちがこの壁にぶつかっていたのだと思う。
小説の中で何度も、ボブディランの「風に吹かれて」が流れる。
久しぶりにボブディランを聴いてみたくなった。
WEAVERの曲も聞きながら、この小説を楽しく読んだ。

Photo_20210417122401

洒落た言葉に出会った。
「2020年、ボブ・ディランが新しい CD を出した。そんなに悪くない年だったんじゃないか。
完璧な年なんかない」
いいなと思った。
そう、どんな年も完璧な年なんかないのだ。
もう一つの言葉は
「元の世界なんてもう存在しない。コロナ前の世界に戻ろうなんてを思わないこと」
これもいいなと思った。
コロナの前から、僕たちの世界はどうしても戻らなければいけないほど素敵ではなかったはず。

音楽好きの若者がうれしくなるような本だ。
ぼくのような年代でも、全編にボブ・ディランが流れているような感じがして、いい時間をもらった。

|

2021年4月16日 (金)

春を感じながら、心もストレッチ

茅野にあるイングリッシュガーデンにも春がやってきました。
時々、この美しい庭園の中を歩かせていただいています。
気持ちがいいです。

Img_6219


ソーシャルディスタンスを守れるところで、体を動かしたり、季節の変化を感じたり。
コロナの第4波のなか、自分の心と体をいたわることがとても大事です。

 

|

2021年4月15日 (木)

小室等さんとトーク&フォーク

「鎌田實×小室等」トーク&フォーク
2021年6月12日 14時開演
会場 山形市・東ソーアリーナ

小室等さんとは何度か、トークとフォークライブでご一緒したことがありますが、今回は10年ぶりになります。
JCF で、一緒にチェルノブイリを訪ねたこともあります。
「ベラルーシの少女」と「雨のベラルーシ」という素敵な曲をつくってくれました。
東ソーアリーナでは、小室さんがどんな楽曲を歌うか分かりませんが、
この2曲のどちらかを歌ってもらおうとお願いをするつもりです。

Img_6217

東ソーアリーナは、以前は「シベールアリーナ」と言いました。
株式会社東ソーが命名権を得て、社会貢献で地域の文化を繋いでいこうとしています。
元を正せば、作家の井上ひさしさんが、芝居の町を作りたかったということで、
地元のお菓子屋さん「シベール」の社長、熊谷眞一さんが応援してきました。
社長を辞めた後も、アリーナを運営する地域文化支援財団の理事長を務め、私財を投入しています。
本当に素敵なホールと、井上ひさし文庫なのです。
ぼくも、一度行って魅了され、以来、東ソーアリーナを応援をしています。

車で10分ほどのところに上山温泉もあります。ホテル古窯も気に入っています。
ぜひ、山形と温泉と文化に浸りながら、小室等さんのフォークソングを聞いてみませんか。

詳しくはこちら↓

http://www.gen.or.jp/event/

|

«鎌田劇場へようこそ!(505)