2017年8月21日 (月)

感性光る高校生ボランティア

高校生ボランティアアワードは、高校生が日ごろ続けている「ささやかで偉大な活動」を応援するプロジェクト。
今年も、埼玉スーパーアリーナで開催された。
主催は「風に立つライオン基金」。
設立者で理事のさだまさしさんのチャリティコンサートも一緒に開かれた。
101の高校がボランティア活動を発表。
どれも、いい発想で、すばらしい活動だが、
鎌田がイチオシしたのは、神戸市立科学技術高校の「空飛ぶ車いす研究会」。
ネーミングがいい。
使えなくなった車いすを、修理して、タイやスリランカへ送っているという。
車いすが飛ぶわけではなく、飛行機で運んでいるわけだ。
13年間で2000台送っているという。
もう一ついいなと思ったのは、岐阜県立岐阜工業高校の光るエコ消しゴム。
「いやなみらいを消せる消しゴム」だという。
言葉の使い方が、とてもキャッチ―だ。
それにしても、なぜ、未来を消すのか。
小学生2、3年にアンケートをとると、自分の未来が暗く、消したいと思っている人が多いという。
そのことに愕然として、蓄光剤を入れた消しゴムをつくった。
被災地にも、この光る消しゴムをで配っているという。

Img_7714

「空飛ぶ車いす」にしても、「いやなみらいを消せる消しゴム」にしても、
子どもたちの感覚は鋭い。
その背景には困っている人に手を差し伸べたいという気持ちがあるところがとてもいい。
写真は、三重県のセントヨゼフ女子学園の生徒たちと。
歩くことで寄付金を募り、シオラレオネや東日本大震災の被災地に寄付金を贈る活動をしている。

|

2017年8月20日 (日)

豚しゃぶサラダ

町づくりのために、毎月、北海道の十勝地方にある本別町に通っている。
一人で夕食をとるときは源寿司て食べることが多く、顔なじみになった。
ここの豚しゃぶサラダは絶品だ。
旅行中の野菜不足を一気に解消してくれる。

Img_7697

旅行鞄に運動靴を入れて、どこへ行っても、早歩きをするようにしている。
スクワットもする。
ピーク時は79.5キロまでいっていたが、75.0キロまで下がってきた。
食べない健康法ではなく、できるだけ体にいいものをしっかり食べて、運動する。
特にタンパク質をとるようにして、筋肉量を増やすことを心がけている。

|

2017年8月19日 (土)

ソースカツどん

北海道の訓子府は、ソースカツどんが有名とのこと。
小さな町のほとんどの食堂で、ソースカツどんを出している。
ぼくはおそばやさんで、ソースカツどんを食べた。
なかなかおいしい。
油っぽくない揚げ方をしている。

Img_7696

ぼくはソースカツどん愛好家の一人だ。
信州では駒ケ根が有名。
福井、群馬にもソースカツどんが有名な町がある。
全国のソースカツどん大会をするとおもしろいと思った。

|

«新・空気の研究78