« グリーンランドより | トップページ | 二胡のしらべ »

2008年7月10日 (木)

船には温かい血が通っている

ピースボートでいい話を聞いた。
50歳くらいの女性がぼくに声をかけてきた。

「先生の講演を聞いて感動しました。先生が3回目の講演の後、ピースボートには温かい血が通っていると話されました。その通りだと思います。

070802実は息子がうつ病になり、外へ出られなくなりました。
数少ない友人が、ピースボートに乗らないかと誘ってくれました。
私はどんなチャンスも逃したくないと思い、賛成して息子をピースボートへ乗せました。

閉じこもっていた息子が変わりだしたのです。ピースボートのおかげです。
人と話ができるようになりました。色んなことを考え、実行にうつすようになりました。仕事を始めました。今年やっと正式に就職もできました。立ち直れたのです。

そのピースボートという不思議な世界を自分の目でみてみたいと思い、この船に乗り込みました。感動の連続です。

070804_2 若者だけではなく、中年の私のような女性にとっても、お年寄りにとっても、それぞれの年代にとって、ピースボートは何かを変えてくれる力があるように感じます。

先生のおっしゃるように、ピースボートには間違いなく温かな血が流れていると思います」

いい話だなと思った。

ピースボートでは、みんなが環境のことや人生、平和のことを考えている。
寄港地に下りて、たんなる観光をするだけではなく、その土地の人たちと交流をしながら、地球のあるべき姿や世界のあるべき姿について話し合い、普通の観光では食べられないような、現地の人たちが食べているものを食べさせてもらう。

世界の多様さを知ることができる。

ピースボートはすごい。

(写真上は、グリーンランドの街並み)
(写真下は、クジラ。潮をあげて泳いでいた。クジラやトナカイの肉も食べた)

|

« グリーンランドより | トップページ | 二胡のしらべ »

旅行・地域」カテゴリの記事