« 終末期医療について | トップページ | 8月6日原爆の日 »

2008年8月 5日 (火)

学生たちと

080703 医学部の学生が毎週毎週たくさん諏訪中央病院に研修に来ている。
今日は1時間ほど3人の医学部の学生と、緩和ケア病棟の回診をし、意見交換を行った。

中国から看護学校に留学してきて勉強をしているチョウさんは、夏休みに中国へ帰らないというので、昼食に誘った。久しぶりの森のレストラン、カナディアン・ファームである。

大きな釜戸で焼いたハンバーグや、遠赤外線でじっくり焼かれた鶏肉。皮がパリパリでとてもおいしい。

チョウさんはよく勉強し、礼儀正しく、言語のハンディを跳ね飛ばし、2年生のときには卒業式で在校生代表として送辞を読んだ。

今まで6人の中国人留学生とお付き合いしてきたが、皆努力家で素直で、日本の文化にも溶け込んでくれて、優秀な学生たちが多い。日本で良い時間を過ごしてもらい、日本と中国が仲良くやっていける橋渡しをしてくれるといいなと思っている。

|

« 終末期医療について | トップページ | 8月6日原爆の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事