« 公的な教育支出、1位はアイスランド | トップページ | 発見!特Bグルメ(4) 津山市のホルモンうどん »

2008年9月11日 (木)

憎しみや恨みの連鎖を断ち切ろう

今年の夏、9・11のグランドゼロに立った。そこで3000人の尊い命が奪われた。許されざる行為である。新しい建物が建てられるらしく、工事が行われていた。

0911 9・11のテロ以降、世界は一変した。アメリカはアフガニスタンを攻めたが、戦争には勝っても、ベトナムと同じで、治安の安定は一向に行われていない。最近ますますアフガニスタンの状況は悪化してきている。

アメリカ軍が束縛し、一般市民が殺されると、その残された家族がタリバンに入る。そしていつでも自爆テロの要員に手を挙げるのである。

憎しみや恨みの連鎖が蔓延している。タリバンは、自爆テロリストを募ることなく、いくらでも集めることができるようになってきているという。悪循環である。

イラクも難民が400万人。イラク国内に200万人、シリアやヨルダンを中心としてイラク国外に200万人と言われている。膨大な数の人たちが、生活を奪われ、命を奪われた。

自分がもしイラクの一般市民だったら、アメリカを憎むだろうな、アメリカに加担する国々を恨むだろうなと、想像する。

憎しみや恨みの連鎖をとにかく断ち切らなければいけない。
温かな手を差し伸べることである。時間はかかるが、そこから暴力や戦争への連鎖を止めることが大事なのである。小さな温かさだって、必ず連鎖が起こる。
そう信じています。

|

« 公的な教育支出、1位はアイスランド | トップページ | 発見!特Bグルメ(4) 津山市のホルモンうどん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事