« 小さな秋の一日 | トップページ | 尾道を訪ねて »

2008年10月22日 (水)

鎌田實の一日一冊(3) 名コラムニストの新刊

『日本人の忘れもの』(石井英夫著、産経新聞社、1680円)を読んだ。Sankeiishii20080902s
著者は、産経新聞のコラム産経抄を、昭和44年から平成16年まで書き続けた右側の論客である。

いつも僕の本が出ると、取り上げてくれた。
右と左、水と油のはずなのに、なんだか不思議。
育ての父から教え込まれた「義理と人情」が、右の人の琴線に触れるのかもしれない。

|

« 小さな秋の一日 | トップページ | 尾道を訪ねて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事