« 発見!特Bグルメ(12) 安くてうまい! 上条食堂 | トップページ | 地域医療、そして安楽園 »

2008年10月18日 (土)

大村崑さん 「笑いの処方箋」

10月13日、大村崑さんと「いのちの対話」を行った。
笑いの処方箋について、約3時間語り合った。
前日、羽田で落ち合い、二日間ご一緒した。楽しい人である。笑わせられ続けた。

子どものころにお父さんが腸チフスで亡くなり、親戚の家に養子に出された。
育ての母親から、ものさしで何度も何度も殴られた。
家を脱出し、産みのお母さんのところに戻ったが、すでに再婚していた。
新しい家庭には、父親の違う子どもがいて、自分はそこに住めないことがわかった。
再び、養父母の元へ戻った。

本名は、岡村睦治。ムツハルといったらしい。Photo_3
自分の名前をいうと、同級生は馬鹿にして、ほっぺたを6つ叩いた。
子どものころから、いじめられ役だったようだ。
継母が学校に乗り込み、この子どもたちや先生に怒鳴った。
「ムツハルではなく、ムツジと読みます!」
お母さんの怖さに、恐れをなした子どもたちは、ほっぺたを6つ叩くことはしなくなった。
かわりに今度は、睦治の上の音をとって、オムツ、オムツとあだ名をかえ、替え歌をつくり、校門の前ではやし立て続けた。

しかし、大村崑少年は、負けなかった。
いくつもつくられたオムツの替え歌を、自分で歌って登校するようになった。
みんなはあきれて、それからいじめはなくなった。

「シモネタや意味のない軽いギャグが横行する今のようなお笑いは、ちょっとさびしい」と、崑ちゃんは言った。

弱い者をいじめて笑いをとるのは、むなしい。
あふれるような笑いの奥底に、じわっとあたたかいものがある。
そんな笑いは、心を豊かにする。
『頓馬天狗』も見た。
『番頭はんと丁稚どん』も見た。
ミゼットの宣伝もおもしろかった。
どれもこれも、ペーソスのある笑いが基本になっているように思った。

|

« 発見!特Bグルメ(12) 安くてうまい! 上条食堂 | トップページ | 地域医療、そして安楽園 »