« もんじゅ再開延期 | トップページ | 病院センター化の波紋 »

2009年2月 3日 (火)

バレンタインチョコレート売り切れ御礼

「哲学のある義理チョコ」が、なんと完売です!
六花亭のチョコレートに、イラクの白血病の女の子たちの絵を添えたチョコ。
一つ買うと、白血病の子どもの一日の薬代に相当するお金を募金することになります。

いろいろなメディアで取り上げられたおかげで、注文の電話が鳴り続け、あっという間に売り切れになりました。
バレンタインデーを2週間以上前にして、用意した7万個のチョコがすべて、なくなりました。

コールセンターのスタッフも懸命に応対しましたが、それを上回る数Cellochirashiのご注文をいただきました。
何度電話をしても、つながらず、あきらめた方も多かったと思います。
たいへんご迷惑をおかけしました。

あったかな国だと思います。
あったかな日本人のこころを、病気や困難のなかにいる子どもたちに伝えてきたいと思っています。
本当に、本当に、応援感謝です。
ありかどうございました!

3月13日のブラダン・コチのコンサートは、通常の席はもう完売しましたが、急きょ、舞台の上に設けたプレミアムシート(5000円)のほうも、あとわずかになりました。
日本中から応援が来ています。
感謝です。
ありがとうございます!!

|

« もんじゅ再開延期 | トップページ | 病院センター化の波紋 »