« 新しい生き方を考える本1位に | トップページ | われわれはどこから来たのか③ ゴーギャンの島へ(2) »

2009年3月19日 (木)

ゴーギャンの島へ(1)

L1070033_2  週末、講演先の山口から東京へ。
その足で、空路タヒチへ降り立った。
ゴーギャンの愛したフレンチポリネシアの島である。

念願だったマタイエア村へやってきた。
ゴーギャンは、おそらく1891年から93年までこの村で暮らしていた。
ゴーギャンはここの教会に通っていたといわれている。
23年後、サマセット・モームが「月と6ペンス」を書くために、この村に滞在している。

白い馬 が、川で水浴びをしている幻想的な絵がある。
若い男女が裸馬にまたがる、いかにもゴーギャンらしい、荒々しい空気のある作品である。
まさにこの空気が、肌で感じられる。

Photoゴーギャンの晩年の大作に「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこに行くのか」がある。
1897年、彼はこれを描き上げ、砒素による服毒自殺をはかった。
そのあと、1898年、再び精神的な安定がおとずれたときに描いたのが「白い馬」であった。

ゴーギャンは、マタイエア村の川沿いをよく散歩したらしい。
この川で、ぼくは大きなうなぎを見た。
うなぎは、この地域では神様といわれている。

ゴーギャンも、神を見たのだろうか。

|

« 新しい生き方を考える本1位に | トップページ | われわれはどこから来たのか③ ゴーギャンの島へ(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事