« 鎌田實の一日一冊(19) 夜回り先生の新刊 | トップページ | 地域医療を救え »

2009年3月 3日 (火)

素朴な雛人形

NHK長野放送で、夜8時から1時間、介護の人材不足を取り上げた番組に出演した。090301
そのときに、素朴な雛人形に出合った。

飯田の南のいくつかの地域では、最近、伝統の雛祭りが盛んに行われているという。
昔あった雛祭りをもう一度ほりおこして、文化を伝えようとしている。

土雛の素朴な表情がいい。
豪華お雛さまが買えなかった農村では、素焼きの焼き物に色絵をつけたお雛さまを飾った。
なんともあったかい。

お雛さまに供えられているのは、「からすみ」というお菓子である。
からすみのような高価なものは買えなかった農村では、米の粉にお砂糖を入れて、色をつけた雛祭りのお菓子の復元である。
素朴な味がした。
おいしかった。

きょうは雛祭り。
女の子の健やかな成長を願う日。
地域に伝わるあたたかい風習が、少子化の現代にもしっかり伝わっている。

|

« 鎌田實の一日一冊(19) 夜回り先生の新刊 | トップページ | 地域医療を救え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事