« 雪の八ケ岳 | トップページ | アンパンマンとの対談 »

2009年4月29日 (水)

体が喜ぶヒント②

~~週5回は魚を~~

かつて沖縄は長寿王国であったが、2000年に、男性は都道府県別の長寿ランキングで、26位に転落した。
大正時代からのデータをみていくと、沖縄は次第に肉をたくさん食べるようになり、魚を食べない県になっていったことがわかる。
今では、魚をいちばん食べない県になった。
26位への転落は、それと関係が深いといわれている。

昨年、ぼくはアイスランドに行った。Photo
今、男性の長寿世界一は、日本を抜いてアイスランドである。
女性は、日本が今も世界一であるが、男性はアイスランドに座を譲った。
アイスランドでは、やはり魚をたくさん食べる習慣があった。

魚には、EPAやDHAといういい油がたくさん含まれていて、魚をたくさん食べることによって、心臓病や脳梗塞を減らすことができる。
それだけではない。
魚をたくさん食べると、うつが少ないとか、魚をたくさん食べるうちの子はキレる子どもが少ないといった研究データも出はじめた。
精神的なバランスを保つことができるような成分も含まれているようだ。
週5回は魚を食べたいものだ。

|

« 雪の八ケ岳 | トップページ | アンパンマンとの対談 »

心と体」カテゴリの記事