« 鎌田實の一日一冊(21)人生をあきらめない患者と医師の物語 | トップページ | 野うさぎからのリクエスト »

2009年4月18日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(18)『酒井家のしあわせ』

監督、脚本は呉美保。
サンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門を受賞作品。2

日本映画が元気だとよく聞く。
そう聞きながら、つい日本映画を敬遠して、外国映画をみて、がっかりということもよくあった。
日本映画、たしかにおもしろいのである。
感動する。
泣けてくる。
家族のあり方が、なんとも複雑で、おもしろくて、単純で、悲しい。
少年の恋心もなかなかうまく撮れている。
Photo お父さんがほかの男を好きになって出て行ってしまうという設定も笑わせる。
最後に大ドンデン返しがある。
じわっとくるのである。
呉美保監督のたずなさばきは見事だと思った。
レンタルショップでぜひ、どうぞ。

|

« 鎌田實の一日一冊(21)人生をあきらめない患者と医師の物語 | トップページ | 野うさぎからのリクエスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事