« 『くらべない生き方』が好評 | トップページ | 諏訪中央病院 施設の特徴と業務の概要4 »

2010年2月 1日 (月)

じたばたしない

週刊ポストで新連載「じたばたしない くう、みる、ひたる」をはじめた。
全国津々浦々の、その土地では有名な食べ物を紹介したり、温泉や、いい景色やときには映画の感動にひたったり、ほっと一息つける内容である。

2

第三回は、ラブレターとバレンタインチョコレートについて書いている。
ある有名な書家の書道展で、筆でラブレターを書くというイベントに協力を要請された。
しばらくラブレターなんて書いたこともなく、だれに書いていいのか思いあぐねたが、イラクの少女アーヤに宛ててラブレターを書くことにした。
アーヤは骨肉腫で右足を切断した10歳の女の子である。
そのアーヤから返事をもらった。
そんな話を通しながら、バレンタインのチョコレート募金のことを書いた。
おかげさまで反応がいい。
現在までのチョコレートの注文は、9万2000個。ソールドアウトまであと少し。ゴールが見えてきた。
ラジオや各新聞そして週刊誌がとりあげてくれた。
みなさんのおかげである。

バレンタインデーに、ぼくはイラクのアルビルに向けて出発する。
週刊ポストでは、イラクの政治状況やテロの状況、子どもたちの様子、そしてイラクの食べ物や風景を連載で報告するつもりである。
ぜひ、週刊ポストをご覧ください。

|

« 『くらべない生き方』が好評 | トップページ | 諏訪中央病院 施設の特徴と業務の概要4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事