« 新刊好調 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(69) »

2011年1月19日 (水)

鎌田劇場へようこそ!(68)

「ムサシ」

昨年亡くなった井上ひさしの作。
演出は蜷川幸雄。
藤原竜也のほか、個性派俳優の白石加代子らが出演する。
音楽は宮川彬良。

315x210

ロンドン、ニューヨークの舞台で上演され、ニューヨークタイムズ紙やガーディアンで絶賛されている。
井上ひさしが武蔵と小次郎を描くとどんな舞台になるのか。
抱腹絶倒、はちゃめちゃ。
それでいて哲学的。
能があり、ラインダンスのようなものがあり、さすが井上ひさしと思わせる作品になっている。

舞台を映画で見るというのも、新しい流れだと思う。
東京でのロードショーは終わってしまったが、山形や長野、福岡などで上映される。

よくばらないで、怒らない侍以外は、刀を抜く権利はないというような面白い台詞が出てくる。
深い意味がありそうな言葉がいっぱい出てくるが、本当に深い意味があるかどうかはわからない。

まさに、井上ひさしワールドである。

|

« 新刊好調 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(69) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事