« 中島啓江さんの音楽会 | トップページ | 大卒の就職内定率が最低 »

2011年1月23日 (日)

アーシアを忘れないで

本日の読売新聞の連載「見放さない」に、アーシアちゃんのことを書いた。

アーシアちゃんはずっと白血病と闘ってきたが、先日、7歳で亡くなった。
悲しい。

Dscn3367

アーシアちゃんが描いてくれた絵は、今年のチョコレートの缶にプリントされ、とてもかわいいと評判だった。
12万個を販売する予定だが、あと残すところ3万個となった。
なんとか、バレンタインデーまでには、完売したいと考えている。

チョコレートの収益は、アーシアのような病気の子どもたちの薬代になる。
アーシアは助けられなかったが、できるだけ多くの子どもたちの命を救いたい。
それがせめてものアーシアへの供養になると思う。

バレンタインにチョコレートをあげるならば、おいしくて、かわいくて、人の役に立つチョコレートはいかがでしょうか。
ご注文、お問い合わせはこちらへ。

よろしくお願いいたします。

|

« 中島啓江さんの音楽会 | トップページ | 大卒の就職内定率が最低 »