« ウエットな資本主義⑨ | トップページ | ウエットな資本主義⑩ »

2011年3月 7日 (月)

鎌田写真館~不敵な面構え 

ノースセイモア島は、ヒトが住んでいない。
リクイグアナが幅をきかせている。

Dsc_0526

Dsc_0535

祖先は恐竜だったのでは? と思えるような迫力のある面構えだ。

だが、性格は顔に似合わぬのんびり屋。
ウチワサボテンが大好物で、木に登れないので、サボテンの下で実が落ちるのをじっと待つという。

かつて海賊がこの島に亀を捕りにきて、ヤギやブタを持ち込んだ。
その結果、リクイグアナの食べる草を、ヤギが食いあらし、生態系が乱れた。

Dsc_0561

ヤギや野ブタを駆逐しようと考えているようだ。
ウミイグアナやリクイグアナは、一時期、壊滅状態にあったが、ダーウィン研究所で繁殖などの支援していることもあって、再び盛り返しているようだ。

|

« ウエットな資本主義⑨ | トップページ | ウエットな資本主義⑩ »