« 鎌田写真館~青い靴下のアオアシカツオドリ | トップページ | 南相馬鹿島中学校での診療 »

2011年3月12日 (土)

弱い国

再び外圧をかけられている。
アメリカの格付け会社ムーディーズが、6月までに社会保障制度税制改革が形にならなければ、日本国債の格下げするという。
すでにアメリカのS&Pという格付け会社も格下げをしている。

1103092__

何も決めることができない今の日本の政治に業を煮やしているのである。
解散選挙しても、強い政権ができるわけではない。
ねじれはしばらく続く。
とすれば、もうちょっと大人の対応ができないものか。
あるいは大連立、あるいは新しい政党に組み替えるか。

言っていることはほんのわずかな違いしかないのにもかかわらず、妥協点を見つけられない。
もっとスピーディーな舵取りをしないと、今の時代は乗り切れない。

もう一回、政権の組み直しをするしかないのではないか。
やられたら、やりかえす。
そんな政治をしていたら、泣くのは国民だ。

国民のために大人になってほしい。

写真は、原村に往診に行く道すがら撮影。春の雪が残る

|

« 鎌田写真館~青い靴下のアオアシカツオドリ | トップページ | 南相馬鹿島中学校での診療 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事