« お知らせ | トップページ | 原発事故291 »

2011年7月20日 (水)

原発事故290

福島県に行ってきた。
伊達、本宮産のビニールハウスで栽培したシイタケから、1キロ当たりの基準値500ベクレルを超えるセシウムが検出された。
高いものは、1770ベクレルをカウントした。

1107173__ 巡回診療で訪ねた石巻の入釜谷地区のみなさんと

もともと伊達市と本宮市では露地栽培のシイタケは基準値を超えていたので、出荷制限されている。
ビニールハウスのシイタケは、今回はじめて調査した。
温度調整のためにビニールハウスを開放することもあったという。

牛のえさとなる稲わらの汚染も70キロを超えて広がっている。
南相馬市で採れたビワが、基準値を上回って、出荷停止となった。
以前、川魚の汚染について触れたが、フクシマの汚染はチェルノブイリに近い状態になっていることは間違いなさそうだ。
非常に厳しい状況である。

子どもたちはできるだけ福島県外に出したほうがいい。
それができない場合は、夏季休暇や秋季休暇などで、少しでも放射線から遠ざける支援をしていく必要があると思う。

|

« お知らせ | トップページ | 原発事故291 »