« 子どもたちによい夏休みを | トップページ | 続・子どもたちにどう教えるか »

2011年7月13日 (水)

ピーコさんと講演&トークライブ

7月16日午後12時30分~福島県田村市文化センターで、いのちを守るイベント、講演&トークライブ「がんばらないけどあきらめない」が、三春町や小野町、田村市の協力で開催される。

もともと市町村で自殺予防のイベントを行っていた。
今回は、被災し、20キロ圏外の人たちの避難地として支え、市民みんなが疲れきっているので、うつ病や自殺に対応できるよう、明るく元気になる話や放射線の話をしてほしいと、保健師さんからぼくに講演の依頼があった。
よろこんで応援にいかせていただくことになった。

1107044__ 諏訪中央病院の庭

講演料はいらないとお断りすると、その講演料でどなたか市民が喜んでくれるような人を呼んでもらえないかという話になった。

ピーコさんにお願いした。
今までも、ピーコさんにいろんな応援をしてきてもらっている。
彼と言っていいのか、彼女と言っていいのか、とにかく、彼はやさしいのだ。

困ったときのピーコさん頼みでお願いしたら、いいわよ、と二つ返事。
おずおずと、歌ってほしいらしいんですが、とお願いした。
「アカペラねえ・・・」
話が止まってしまった。

保健師さんが、ピーコさんの事務所に講演料の話をしたら、「いらないわよ」という話。
ボランティアで行くから大丈夫という話になった。
それでは、浮いた、だれももらわない講演料で、ビアニストに来てもらおうという話になった。
ピーコさんのお友だちのピアニストに来てもらうことになったが、そのピアニストも「いりません、応援させてください」

みんな、あたたかいのだ。

こうやって次々にお願いしていくと、無料で10人くらい集められるかもしれないと大笑いになった。

ピーコさんが生のピアノでシャンソンを歌う。
鎌田が、命の話と放射線の話をする。
あたたかな、あたたかな時間にしようと思っている。
入場は無料。
ぜひ、お越しください。

|

« 子どもたちによい夏休みを | トップページ | 続・子どもたちにどう教えるか »