« 台湾はあたたかい | トップページ | お知らせ »

2011年7月19日 (火)

動画: 南相馬市小高区

6月10日、南相馬市立小高病院と、仮設保育園となっている寺内公民館を訪ねた。

小高病院までの道には、津波被害を受けた国道を走る。

すぐそこの橋を渡れば助かるという状況で、車は大渋滞。歩道にまで車はあふれたという。

小高病院では、3月13日の避難指示を受け、全ての患者を搬送。

防護服に身を包んだ遠藤院長が語ってくれた。

公民館は仮設の保育園となり、子どもたち51人が預けられていた。

館内はパンク寸前。先行きの見えない臨時の保育が行われている。

子どもたちのかわいらしい姿がいとおしい。

|

« 台湾はあたたかい | トップページ | お知らせ »