« 鎌田實といのちを語ろう | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(79) »

2011年8月 1日 (月)

原発問題302

やらせメール問題が大きく飛び火している。
原発を規制するほうの原子力安全・保安院がやらせで政策誘導。
佐賀県知事が「経済界の声を」と言って、九州電力のやらせを誘発したということだ。
とんでもないことである。

さもありなん。
この国のエネルギー政策には民主主義がないとずっと思ってきた。

議論の積み重ねをせず、やらせで空気をつくって、原発を推進してしまえばいいという、本当に困った連中の犯罪的行為である。
政治も、経済界も、保安院を中心にした官僚も、チェックを入れなければいけない学者たちも、金に負けて、福島の人たちの生活をズタズタにしてしまった。

とにかく早く原子力安全・保安院を経済産業省から離すこと。
佐賀県知事や九電の社長は責任をとること。
菅さんは何もできない人だから、菅さんは早く辞めて、新しい首相が原子力安全・保安院や原子力安全委員会を解体し、再構築することが大事だと思う。

|

« 鎌田實といのちを語ろう | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(79) »