« 支える人を支える | トップページ | 絵本作家からのプレゼント »

2011年8月 9日 (火)

原発事故312

経産省事務次官、原子力安全・保安院長、資源エネルギー庁長官が更迭されることになった。
方針はいいが、後任人事はいつもの玉突きで、想定内のことが行われるようだ。

官邸に人事でつっこまれる前に、海江田さんが組織温存へ先手を打ったという。
権力争いをしているときではないのに、困った人たちである。

エネルギー政策の改革をしようという考えは、海江田さんにはない。
菅さんはやりたくても、力がない。

三人の首脳すべてとはいわないが、一人でも改革派を入れて、新しい風を入れるべきである。
意見の違う人間を入れることによって、いい緊張感が生まれる。
悪いこともできなくなる。
官僚が甘やかされなくなる。

日本をよくすることに力を注いでもらいたい。

|

« 支える人を支える | トップページ | 絵本作家からのプレゼント »