« 原発事故308 | トップページ | 原発事故309 »

2011年8月 6日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(80)

「ワンヴォイス ハワイの心を歌にのせて」

ハワイ、オアフ島の120年の伝統を誇る高校で行われる合唱コンクールを1年間、追っている。
この高校の合唱コンクールは、消えかかっているハワイ語で歌うというのが原則である。
合唱コンクールでの優勝者たちは、高校を卒業して何十年も過ぎても尊敬される。
一生涯の誇りなのである。

高校生たちは、合唱を通してハワイ語を自分のものにし、ハワイアンとしてのアイデンティティを探してく。

Pr01

福島にボランティアに入るときの新幹線のなかで、ぼくはこの映画を見た。
高校生たちが、BEGINの「涙(なだ)そうそう」をハワイ語で歌っている。
「涙そうそう」のメロディとやさしいハワイ語が、とてもマッチしている。

その日、津波に襲われた福島の浜通りの漁師町を歩きながら、このメロディが頭のなかで鳴り続けた。
福島の人たちも、ふるさとの歌や民謡を歌えるようになる日が早く来るといいな。

---------------------------------------------

以前、このブログで紹介した映画「いのちの子ども」の新聞広告に、ぼくのメッセージが載った。

「震災後、映画を見る気になれなかった。久々に感動した。戦争という絶望のなかにわずかに見える「希望を」。「映画はいいなあ」と、忘れていた心を思い出した」

イスラエルとパレスチナのドキュメンタリー映画。
ドキュメンタリーなのに、とてもおしゃれで感動的だ。

8/26には、鎌田の3作目の絵本「アハメド君の命のリレー」(集英社)が発売される。
パレスチナからイスラエルへ、少年の心臓がバトンタッチされたお話。

お楽しみに!

|

« 原発事故308 | トップページ | 原発事故309 »

映画・テレビ」カテゴリの記事