« 中学生とチョコ募金 | トップページ | 原発事故390 »

2012年1月12日 (木)

原発事故389

南相馬市の放射生物質の測定結果が公開されている。
とてもいいことである。
そのデータをみると、干し柿が心配。
南相馬市は空間占領は比較的低い。
最初の3/12のメルトダウンのとき、放射性物質が風にのって広がったが、福島全体からすると南相馬市は低いほうだ。
そのなかで、干し柿はほとんどが50ベクレル以上。
305ベクレルという地域もある。

梅干も191ベクレルというものがあり、要注意だ。
クルミは151ベクレル。

特に注意したいのは、キウイ。
多くは50~300ベクレルくらいで、3箇所から500ベクレル以上が測定されている。
ブルーベリーも、151ベクレルと83ベクレルが見つかっている。
ミカンも、81ベクレル。

多くの野菜や果物はND(不検出)や微量だが、やはり注意すべきものはある。
放射線量を測定し、きちんと公開して、その数字を見ながら食べたほうがいい。

|

« 中学生とチョコ募金 | トップページ | 原発事故390 »