« 鎌田實の一日一冊(119) | トップページ | 鎌田實の一日一冊(120) »

2012年1月23日 (月)

あたたかな資本主義

鎌倉投信という投資信託の会社は、抜群のパフォーマンスをみせている。
しかも、鎌田のあたたかな資本主義、ウエットな資本主義の考えに似ている。

小さな会社でも、投資のお金が集まらなければ、新しい事業を展開できない。
新しい事業を展開できなけば雇用は広がらない。
雇用が広がらなければ、若者たちに夢も希望ももたせてあげられない。

この会社は、どんなに時代の流れが変わっても、つぶれないような魅力的な新しい技術や人を大事にする企業を探し出して投資をしている。
ほかの投資信託が元本割れをして非常に厳しいなか、とてもおもしろい投資をしている。
鎌倉投信を取材したもようは、月刊日経マネーに掲載される予定だ。

1201163__

帰りに鎌倉八幡宮の参道を歩いた。
手を合わせ、自分や家族のことよりも、日本の安寧を祈った。
最近のぼくは、よくばらないように、一番大事なことを一つ祈るようにしている。

日本は、幸せを実感しにくいといわれている。
その国民が、少しでも多くの幸せを感じる国にしたいと思う。

手を合わせて祈るだけでなく、お金とあたたかさが回転し、元気でやさしく、あたたかなニッポンになってほしい。
そのためにも、経済は大事である。

|

« 鎌田實の一日一冊(119) | トップページ | 鎌田實の一日一冊(120) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事