« おすすめ映画 | トップページ | 本日、出発 »

2012年6月23日 (土)

プロフェッショナル

京都府大の吉川敏一学長と共著で「生きる力を磨く66の処方箋」(PHP研究所)を出している。
京都で50人ほどの集まりがあるので、この本のPRするために京都を訪ねた。
しかし、折り悪く、台風。
50人の集まりはなくなってしまった。

一澤帆布の一澤さんが、南座で玉三郎さんの歌舞伎を見ませんかと誘ってくれた。
ぼくは芝居は好きだが、歌舞伎は詳しくない。
好奇心のカタマリのぼくは、二つ返事で南座へ。

玉三郎さんの芝居と踊りはすばらしかった。
小児麻痺にかかったため、足の長さの差が4センチほどあるらしい。
足運びをスムーズにするため、小さいときから踊りを習った。
踊りの素質が認められ、歌舞伎界に迎えられたという。
人生というのは不思議なものである。
妖艶な踊りと、命をかけているような芝居は、心に迫るものがあった。

Img_6659 紗貴子さんと

祇園のいちりきにも、連れていってもらった。
好奇心のカマタは、芸子さんや舞妓さんに囲まれて、その場の空気をつくるプロの技に感心して帰ってきた。
紗貴子さんという名の芸子さんは、やわらかな空気をもった人だった。

どの世界にもプロフェッショナルはいる。
2人のプロフェッショナルのすごさを実感した京都だった。

|

« おすすめ映画 | トップページ | 本日、出発 »