« チャリティー講演会 | トップページ | 原発事故516 »

2012年10月14日 (日)

原発事故515

脱原発依存というならば、政府は新しい原発をつくらないことを徹底させるべきである。
2030年までに原発をできるだけゼロにしようといいながら、数年後に新しい原発ができてしまうのはなんとも納得できない。

山口県の上関原発1、2号機は、予定地周辺本の海域の埋め立て免許が更新されず、建設計画がストップする。こうやって一つひとつ明確にしていく必要がある。

1208115__ 夏に訪れた立山

37.6%建設がすすんでいる青森県の大間原発の建設が再開された。納得できない。
島根原発3号機は、93.6%建設がすすみ、現在建設は止まっている。次に建設が再開される可能性があるのはここだ。
東通原発1号機は、9.7%まで建設が進んでいるが、止めるべきである。

ぼくたちは東日本大震災を経験して、何を学んだのか。
美しいけれど自然災害が多い日本という特殊性のなかで、できるだけ多くの人が生活を充実させながら生きていくにはどうしたらいいか、発想の転換をしなければいけない。
地熱、風力、シェールガスなど、新しいエネルギー技術の開発と安定確保を、10年以内に形に見えるようにしていく必要がある。

|

« チャリティー講演会 | トップページ | 原発事故516 »