« 岩次郎小屋の昼ごはん | トップページ | パレスチナ難民の命を守る日本人 »

2012年10月 5日 (金)

お知らせ

清流11月号の「カマタ流生きるヒント」では、その人の行動パターンとなりやすい病気について書いている。
人の行動パターンにはタイプA、タイプB、タイプCというのがあり、脳卒中や心筋梗塞が多いパターン、がんが多いパターンなどがある。
しかし、行動パターンは固定化されたものではないので、意識しだいでいつでも変えることができる。
自分の行動パターンが、ある病気になりやすいとしたら、それに対してどう軌道修正したらいいのか。
そんな話をしているので、興味のある方はぜひ。

Photo

別の欄では、加藤登紀子さんと「3.11を忘れないため、わたしたちができること」と題して、特別対談している。

ぜひ、お読みください。

~~~~~~

10/2の「子どもたちに外遊びや保養を」に、追記をアップしました↓

http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-bb11.html

|

« 岩次郎小屋の昼ごはん | トップページ | パレスチナ難民の命を守る日本人 »