« お知らせ | トップページ | 中華ざんまい »

2014年3月 8日 (土)

3/11福島から特番

久しぶりに福島県平田村にある公益財団法人 震災復興支援放射能対策研究所を訪ねた。
日本テレビの仕事である。

この財団では、4歳以下の子どもたちが体内被曝を測定できる機械を備えている。
その活動の様子や、子どもたちの状況は『下りのなかで上りを生きる』(ポプラ新書)にも書いたが、
3月11日の「news every.」(日本テレビ、午後3.50~7.55)の特別版で放送される。

福島の子どもたちは、肥満が多くなり、運動能力が少し低下していることがわかった。
子どもたちの健康を守るために、保養や健診、放射能の見える化の大切さを訴える。
ぼくは、当日、富岡町から中継する予定だ。

ぜひ、番組をご覧ください。

1403041___1

ひらた中央病院の公益財団法人 震災復興支援放射能対策研究所では、甲状腺の健診やホールボディカウンタの体内被曝測定、
食品の測定などすべて無料で行っている。

大型の支援は、国からも県からも、どこからもらっていない。
たくさんの人の小さな支援はあるが、運営は厳しい。

震災から3年。
決して「もう大丈夫」という状況ではない。
福島の子どもたちを、みんなで守っていくために応援してほしいと思う。

|

« お知らせ | トップページ | 中華ざんまい »