« コーヒーを飲みながら | トップページ | お知らせ »

2014年4月 6日 (日)

鎌田劇場へようこそ!(162)

このところずっと映画を見る時間がなかったが、ようやく時間ができた。
一気に3本紹介しよう。

「キリングゲーム」

ロバート・デ・ニーロと、ジョン・トラボルタの共演。
めちゃくちゃおもしろい。
山の中で暮らしている元アメリカ軍人の男。
そこへ、セルビア人の元兵士が現れ、一緒に狩りを楽しむことに。
しかし、元兵士は元軍人に矢を放ち、「人間狩り」が始まる。
これには、ボスニア紛争で起きた事件に訳があった。

Photo

「家族の灯り」

マノエル・ド・オリヴェイラ監督。
ジャンヌ・モローや、「山猫」のクラウディア・カルディナーレらが、豪華俳優陣が共演している。

Photo_2

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

アレルサンダー・ペイン監督。
ぼけてしまった父親と息子のロードムービー。
「100万ドルを贈呈する」という胡散臭いに手紙を信じ込んでしまった父親は、周囲の制止もきかず、歩いて賞金を貰いにいこうとする。
お金目当ての親戚も集まってくる。
息子は、そんな父親につきあって、父を乗せてネブラスカを目指す。
旅の途中、父の過去を知る。
父と息子の心をつなぐ旅だ。

Poster

やっぱり映画はいい。
映画がみられるような余裕がほしいものだ。

|

« コーヒーを飲みながら | トップページ | お知らせ »

映画・テレビ」カテゴリの記事