« 仮面の女神 | トップページ | イラクの子どもに支援を »

2014年4月 2日 (水)

宇宙のはじまり

カリフォルニア工科大学などのチームが、138億年前の宇宙の誕生直後に発生した重力波を観測した。
小さな宇宙が生まれ、すぐに急速に膨張したという「インフレーション理論」を裏付けるものだという。

過膨張した宇宙は、巨大な宇宙になっていく。
そのビッグバンで生じたさまざまな元素が、この地球上に生命体が発生する起因になった。

1403105__

今、ぼくは「我々はどこから来たのか」というテーマで次の本を書いているが、
もとをただせばぼくたちの命も、138億年前の奇跡的な宇宙の発生が次々と奇跡を発生させた結果なのだ。

|

« 仮面の女神 | トップページ | イラクの子どもに支援を »