« 鎌田實の一日一冊(207) | トップページ | 自殺を防げ »

2014年6月12日 (木)

はいてみました

アテントのおむつの開発にかかわっている。
ジーパンの下に、薄型のおむつをはいてみたが、どうだろう。
外見的にはまったく違和感がないと思う。
140609___3140609___2

立ちながら、おしっこもしてみた。
まったく漏れない。
においもない。
吸収が早いので、肌もベタベタした感じがない。
テープ式おむつのシェアは、アテントが一位を占めている。
パンツ式や、それに使うパッドなどを改良しようと、排尿障害などを専門にする「失禁ナース」の西村さんや、介護のプロ、心理のプロなどが集まり、開発会議を開いた。
失禁が多くなると、外に出ることに対して臆病になるといわれるが、紙パンツやおむつに抵抗がある人も多いだろう。
だが、ぼくも実際にはいてみて思うが、これは紙パンツというよりも、スポーツパンツのよう。
心理的な抵抗は少ない。
温泉やゴルフに行くなど、自由に外出したり、好きなことを続けていくために、当たり前の道具として使えるようになればいいと思う。

|

« 鎌田實の一日一冊(207) | トップページ | 自殺を防げ »