« 鎌田劇場へようこそ!(176) | トップページ | 英語合宿 »

2014年9月11日 (木)

鎌田劇場へようこそ!(177)

「ザ・テノール 真実の物語」
「100年に一人の声をもつテノール」と、英国タイムズ紙でも絶賛された、韓国の天才オペラ歌手チェチョル。
甲状腺がんになり、その手術のとき反回神経を切れらてしまい、横隔膜や声帯を動かすことができなくなった。
オペラ歌手としては絶望的である。
そんなとき、かつてチェチョルに助けられた日本人の音楽プロデューサーが登場する。
「ぼくらは友人」といって窮地を救ってくれたチェチョルに対して、
彼は、声を取り戻すための治療を行っている医師を紹介する。
チェチョルに声が戻り、クライマックスは感動の涙。
2014年上海国際映画祭でワールプレミア上映で喝采を受ける。

Poster2

日韓合作の映画。
お互いに感謝を忘れず、相手のことを考えると、人間と人間の関係はこんなにすばらしくなるという、お手本のような映画である。
いま日本と韓国の関係はギスギスしているが、こんなときこそ観てもらいたい。
俳優もすばらしい。
10/11から全国でロードショー。

|

« 鎌田劇場へようこそ!(176) | トップページ | 英語合宿 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事