« ISのある世界を考える② | トップページ | 原発の趨勢、日米の違いは何か »

2015年2月18日 (水)

ISのある世界を考える③

デンマークで2月14日、連続銃撃テロがあり、2人が死亡。
警官5人が負傷した。
容疑者は、テロ組織には属さないが、イスラム教スンニ派過激組織ISの指導者に忠誠を誓う言葉をSNSに書きこんでいたとか。
またしても、とんでもないことが起きた。

Fullsizerender15013316

クウェートに、アメリカの部隊が4000人到着したというといううわさもある。
オバマ大統領は、地上戦をする許可を議会でとっている。
過激派組織ISが制圧しているモスルでは、ISの礼拝の指導者が、
「モスルから逃げ出すものは不信仰者である、
十字軍と同じである、そうした者たちの財産は戦利品としても合法である」
と説教をしているらしい。
もしアメリカと地上戦になれば、モスルにいるとみられる200万人が大変なことになる。
難民や避難民の救援がますます必要になってくるだろう。

|

« ISのある世界を考える② | トップページ | 原発の趨勢、日米の違いは何か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事