« 乙武さんと対談 | トップページ | ISのある世界を考える⑥ »

2015年2月22日 (日)

ISのある世界を考える⑤

過激派組織ISによる文化財の破壊や略奪がひどい。
イラクでは、史跡4300か所が盗掘されているという。
ISは偶像崇拝を極端に嫌い、形あるものを壊している。
シーア派のモスクも壊している。
これまでISに盗掘された遺跡や古美術品の価値は1000億円相当と報じられている。
ISの戦闘員が盗掘者を監視し、その収益の20%を徴収するという、
とんでもないシステムができているようだ。

|

« 乙武さんと対談 | トップページ | ISのある世界を考える⑥ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事