« 総合医の重要性 | トップページ | 『いのちの花』 朗読と音楽のつどい 1 »

2015年3月16日 (月)

ISのある世界を考える⑭

20150305_105216

アルビルに急速に増えた難民キャンプ。
モスルから逃れてきた4万人が生活している。
その難民キャンプの仮設の診療所に、JCFのフラッグが掲げられた。

20150305_105338

JCFでは、この診療所の薬を毎月約300万円、半年間にわたって支援する計画だ。
ナガム先生が、会計を丁寧につくって透明性を高め、無駄を省いてくれている。
ほかの医師や薬剤師たちとの協力態勢も整った。
運営も、軌道にのりはじめている。
難民キャンプの人たちの健康を守るために、ぜひとも成功させたい。

|

« 総合医の重要性 | トップページ | 『いのちの花』 朗読と音楽のつどい 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事