« みそかつとトンテキ | トップページ | JIM-NET動画: ヨルダンでのリハビリ支援 »

2015年3月 9日 (月)

ガザと釜石で凧揚げ

パレスチナ自治区ガザでは毎年、日本の支援に感謝し、東日本大震災の被災者を激励するために、凧揚げが行われている。
今年も8日、ガザで行われた。

昨年、ガザではイスラエルの武力により、2000人を超す人たちの命が奪われた。
一般の人の家が多数破壊されている。
その惨状、悲劇を体験しながら、大震災で被災した日本に「がんばれ」と言ってくれている。
とてもあたたかい人たちだ。
アラブ世界は全体的に親日的なのだ。

これに返礼するように、釜石でも同日、凧揚げが行われた。
親子連れ100人が参加し、凧に絵を描いて、揚げたという。

紛争の地と被災の地をつなぐ、希望の凧揚げ。
子どもたちが当たり前に凧揚げができるよう、平和な日常を守るのは大人の責任だ。

|

« みそかつとトンテキ | トップページ | JIM-NET動画: ヨルダンでのリハビリ支援 »