« 今夜 BS日テレ「深層NEWS」に出演します | トップページ | ISのある世界を考える(32) »

2015年6月16日 (火)

ISのある世界を考える(31)

シリアのISにアメリカの特殊部隊が急襲作戦を行い、
ISの幹部を殺害したという。
こととき、奴隷となっていたヤジディ教徒の若い女性が一人いて、解放されたという。
イラクの国会議員でヤジディ教徒のビアン・ダーヒルさんの家を訪問した。
ダーヒルさんは、ヤジディ教徒救出のため、ヘリコプターでシンジャー山に向かった。
そのとき、20人ほどのヤジディ教徒がヘリに捕まりぶらさがったため、ヘリが落下。
彼女も大けがをした。
命がけで走り回っている。
彼女から聞いた話では、まだ2000人近くのヤジディ教徒が拉致されているという。
人権という意味でも、早くなんとかしてなければいけないと思う。
                   ◇
6月上旬にイラクの難民キャンプを訪ね、健康講演会を開いたときの様子が、
共同通信から配信されました。

150612クリックすると拡大します

|

« 今夜 BS日テレ「深層NEWS」に出演します | トップページ | ISのある世界を考える(32) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事