« ISのある世界を考える(31) | トップページ | ISのある世界を考える(33) »

2015年6月17日 (水)

ISのある世界を考える(32)

イラクでは厳しい抗争が繰り広げられている。
イラク政府軍とシーア派民兵、ペシュメルガの合同軍がISに熾烈な戦いをしている。
交通の要衝ラマディをISから奪還するため、米軍の教育訓練要員が3550人投入され、武器が与えられたが、
米軍部隊が地上戦に参加することはないようである。

1506094fullsizerender イラクのドホークにある難民キャンプの子どもたち

ラマディがどうなるかによって、モスル奪還が実現するかどうか決まってくる。
まだまだ激しい攻防戦が繰り広げられるようである。

|

« ISのある世界を考える(31) | トップページ | ISのある世界を考える(33) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事