« 就職率の向上 | トップページ | 安保法制国会、慎重な審議を »

2015年6月 1日 (月)

想像してください

1504161fullsizerender

「振り返ってみたください、歴史を。
人間は何度も何度も残虐な傷つけ合いをしてきました。
大きな戦争もしてきました。
戦争になると憎悪が募って、市民が市民を傷つけたりしてきました。
地球が震えています。
球体の中に憎悪と悲しみがあふれ出し崩壊寸前です。
不必要な血が流れ、溺れることのない涙があふれています」

この詩は、『「イスラム国」よ』(河出書房新社)のまえがきにを書いたもの。
ジョン・レノンの「イマジン」を聞きながら旅をして、イメージしたものだ。
過激派組織「イスラム国」のことを書いた本はたくさん出版されているが、
なかでも、この本はまったく毛色が違う。
なぜ「イスラム国」が生まれてきたのか。
本当に「イスラム国」を無くすにはどうしたらいいのか。
人間の生き方や心に光を当ててみた。
もちろん、自分の心にも光を当て、自分の心のなかにいる獣についても書いた。
今を生きているすべての人にとって、どんな発想の転換が必要なのかを書いた。
それは日本人の生き方のヒントになるはず、と信じている。
たくさんの人にこの本を読んでもらいたい。
写真を見てもらうだけでも価値がある。
JIM-NETが支援活動を続けるなかでかかわった子どもたちの笑顔、ときには悲しい顔が出てくる。
遠い国のことではなく、同じ血が流れる人間世界に起きていることが感じられると思う。

Photo

『「イスラム国」よ』の印税は、「イスラム国」に迫害された避難民の支援のために使われます。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。

|

« 就職率の向上 | トップページ | 安保法制国会、慎重な審議を »