« 感謝 | トップページ | 教員削減は教育の危機 »

2015年11月18日 (水)

鎌田劇場へようこそ!(248)

「忘れ雪」
新堂冬樹のベストセラーになった恋愛小説の映画化。
韓国からやってきた青年を、いま韓国で最も人気のあるといわれるチャンソンが演じている。
すがすがしく、かっこいい青年である。
季節外れの春の忘れ雪。
その日差しのなかで願いをかけると、夢が叶うという話が映画の骨格になっている。
何度か、忘れ雪が降る。
そのなかで大切な約束が交わされる。

Poster2

両親を事故で失った少女が、韓国から来た獣医と恋愛し、そして、大人になったら再会しようと約束。
しかし、二人は擦れ違い、二人を結ぶ糸が見えなくなっていく。
愛し合っているのにすれ違う、美しくもはかない純愛物語だ。
うまくできている映画だが、本当にこんなことが起こるだろうかと、
ついついオジサン的視点で見てしまう。

|

« 感謝 | トップページ | 教員削減は教育の危機 »

映画・テレビ」カテゴリの記事