« 資本主義の暴走 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(242) »

2015年11月 1日 (日)

陸前高田から見学

陸前高田の在宅療養を支える会のメンバー6人が、茅野市に一泊し、諏訪中央病院に見学にやってきた。
震災後、「建物を復興するだけでなく人間と人間の関係の復興が大事」と言い続けてきたぼく。
古い家と新築の家を流された保健師さんや、
ご主人を津波で失い、家も流され、その後の事故で左腕も失った看護師さんらとの縁ができ、陸前高田に通うことになった。
ぼくが行ったことがきっかけで、在宅療養を支える会が発足。
陸前高田は震災前には十分ではなかった地域包括ケアシステムを構築しようと張り切っている。
そのメンバーが諏訪中央病院にやってきた。
内科の奥先生による在宅医療の説明や、老健や特養の師長さんの地域包括ケアについての話のほか、
患者サポートセンターやグリーンボランティアの活動、ロビーボランティアの活動を見学したりした。

1510284

1510285

1510287_2

1510286

1510288

4年半の疲れをいやしてもおうと、温泉のあるテラス蓼科をとった。
ホテル側も陸前高田からのお客さまとあって大サービス。
シェフも腕をふるってくれた。
翌日、お昼はうなぎを食べて解散。
みんな「元気が出た」と話してくれた。
今回の見学が、陸前高田で在宅療養システムがしっかりと根づく第一歩になることを祈っている。
                                               ◇
11/6「INORIチャリティコンサート&トークライブ」
クミコを中心にしたコンサート。
鎌田のミニ講演もあります。
まだ席がありますので、ぜひご参加ください。
11/11「介護の日セミナー」
失禁があっても積極的に外に出て行くことが大切。
そのための排泄ケア用品の選び方など、専門家が教えます。
幸せで健康で長生きを喜べる社会にするにはどうしたらいいか、専門家たちの話はきっと役に立つはず。
こちらも、まだ席があります。
ぜひ、ぜひ、お出かけください。

|

« 資本主義の暴走 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(242) »