« 聴診器でテロと闘う(49) | トップページ | ゆうゆうワイド »

2016年3月17日 (木)

聴診器でテロと闘う(50)

バスラのジャナン先生は、25キロ離れたところから、車を運転してきている。
女性一人で車を運転するのはとても危険な行為だったが、今は大丈夫だ。
治安は少しずつよくなっている、とジャナン先生は言う。
「経済も、まあまあ」
しかし、「子どもたちの心は壊れ始めている」
若者たちには、麻薬が広がっている。
クウェートやイランから麻薬が入ってきているらしい。
今までイラクでは、フセインがすべてをコントロールしていた。
フセインが怖くて、薬物どころではなかった。
その足かけが取れたのはいいが、若者たちが突然、自由になり、自分をコントロールできずに薬物に手を出している。
これを何とかしなければいけないという。

Photo 子どもたちの心の問題を心配するジャナン医師(左から二番目)

一時期、警察が腐敗しているとか、賄賂が横行しているということはあったが、
それは、お金があったときの話。
問題は政府の能力だ。
政府が本気でやる気になれば、薬物も止めることができるはずだとバスラのドクターたちは言った。

|

« 聴診器でテロと闘う(49) | トップページ | ゆうゆうワイド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事