« 発作性心房細動 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(258) »

2016年3月12日 (土)

震災から5年

昨日3月11日は、震災の番組に出演した。
NHK総合番組では、津波のなかで3人の子どもを救った男性の感動的な話を聞いた。
その後、宮城県の閖上から生放送に出演した後、車で1時間45分移動。
福島県楢葉町の竜田駅前から、日本テレビの生放送に出た。
楢葉町の帰還者は、まだ6%。
人の声もなく、夕餉の臭いもなく、生活の臭いもなかった。
空間線量は駅前で毎時0.18マイクロシーベルト。
毎時0.23マイクロシーベルト以下ならば年間1ミリシーベルト以下に収まる。
たしかに帰還できる地域ではあるが、若い人たちで帰る人は少ない。
医療や買い物などの生活に必要なものが不十分だ。
水が大丈夫かと、不安を抱く人もいる。
水に関しては、町が測定し、放射線が出ていないことがわかっている。
しかし、生活空間の除染は徹底的に行われているが、森や林、山に関しては除染が行われていない。
水は地中を循環するので、山がきれいにならないかぎり、不安を抱くのもよくわかる。
政府が、森や林、山の除染に消極的なのが大きな問題だと思う。

Img_5326

これから4月になると、南相馬市の小高区も帰還許可が出る。
でも、若い人はなかなか帰るという決定ができない。
高齢者だけの町になって、10年単位で町の維持ができるかどうかという不安もある。
震災から5年。
大きな課題ばかりが目の前に立ちふさがっている。
しかし、絶望のなかにも、希望があった。
明日13日午後1時50分~はNHKアーカイブス「震災5年(2)“あの日生まれた命”に希望を」に出演する。
感動的な番組、ぜひ、ご覧ください。

|

« 発作性心房細動 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(258) »