« 支援居酒屋「京丹後屋」 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(274) »

2016年7月 9日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(273)

「めぐりあう日」
ウニー・ルコント監督とは6年間ほど前、婦人公論の紙上で往復書簡をしたことがあった。
彼女のデビュー作「冬の小鳥」に合わせてである。
親に捨てられ、孤児院に入った9歳の少女。
大切にしていた小鳥が死に、小鳥を埋葬しながら、生きる決意をしてフランスへと旅立つ。
監督自身の実体験から生まれた作品だ。

Photo

今度の「めぐりあう日」は、フランスを舞台にした、その後の物語といえる。
理学療法士の女性が、自分の出生を知るために、息子を連れて、ある港町にやってくる。
そして、別れた親とめぐりあう日がやってくる。
美しい映像と美しい音楽。
捨てられたり、虐待を受けたりしても、
「あなたが狂おしいほどに愛されたこと」は忘れてはならない。
そんなことを思わせてくれる映画だ。
7/30~岩波ホールで公開。

|

« 支援居酒屋「京丹後屋」 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(274) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事