« 鎌田劇場へようこそ!(285) | トップページ | 鎌田實の一日一冊(297) »

2016年8月10日 (水)

鎌田劇場へようこそ!(286)

「ダンスの時間」
「イエスタデイ」
ハリウッドのような商業的に大きな作品ではなく、手作りの小さな作品をよくみる。
これらの映画も、心をやわらかくしてくれるような作品だ。

「ダンスの時間」は、舞踏家の村田香織さんが主人公。
心とからだがしゃべっているようにダンスをする。
彼女のダンスを通し、水族館で働く若者たちの生活や仕事が変わっていく姿も面白い。
映画の最後に、玉ねぎを掘りながら踊る創作ダンスは圧巻である。

Photo

「イエスタデイ」は、1967年のノルウェイ・オスロが舞台。
ビートルズ旋風が吹き荒れるなか、4人の若者が夢を見ながら、
恋をしたり、勉強したり、ときどき親の目を盗んで悪さをしたり。
まさにレット・イット・ピー、あるがままに生きよう、だ。
美しい青春映画。

Yesterday

|

« 鎌田劇場へようこそ!(285) | トップページ | 鎌田實の一日一冊(297) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事