« 地域包括ケアシステムとは何か44 | トップページ | カマタの怒り(22) »

2016年8月23日 (火)

イラク避難民への緊急支援を

緊急支援が必要だ。
イラクの大都市モスルを制圧しているISに対し、クルド自治政府軍を中心にしたモスル奪還の軍事作戦がいよいよはじまろうとしている。
それにより、モスルのISの拉致から逃げ出した人たちが急激に増え、
一日1000~2000人が近郊に脱出しているという。
彼らは、4つの地域につくられた難民キャンプに身を寄せている。

P1310207

P1310205 設営中のテント(上)と大人数用のテント

ぼくたちJCFやJIM-NETの事務局があるアルビル方面には、
デバガキャンプを中心をして、すでに3万人、これから40万人ちかくの避難民が押し寄せるとみられている。
国連やユニセフも動き出した。
国際NGOにも呼びかけている。
ぼくたちもミーティングに呼ばれ、これから急激に増える避難民に対し、
緊急医療支援の一翼を担うよう期待されている。
JCFやJIM-NETはそれぞれ、医薬品約50万円の支援をしはじているが、
それだけはおさまらない状況である。

Photo

ぜひ、イラク国内避難民の緊急支援を行うJCFやJIM-NETに、
ご支援をお願いいたします。
JCFへのご支援はこちら↓
JM-NETへのご支援はこちら↓

|

« 地域包括ケアシステムとは何か44 | トップページ | カマタの怒り(22) »