« もっと強く、幸せになるために | トップページ | 地域包括ケアシステムとは何か45 »

2016年8月31日 (水)

動画・スポーツで自立めざす

JIM-NETは、ヨルダンで障害者をサポートする事業を展開している。
戦争で傷ついたシリアの若者が、隣国ヨルダンへ脱出して治療を受け、
話し合いを繰り返しながら自立を目指している。
          *
いよいよリオ・パラリンピックが始まるが、
ここでも生きがいを見つけるために、スポーツをしようということになり、
車いすバスケットや車いす卓球を始めることになった。
障害を負ってからほとんど外出したことがなった人が、スポーツをきっかけに体も心も元気になっていく。

Img_0206

この動画では、14歳の少年が戦争で傷つき、車いすでの生活となり、
それでも必死に生きようとする姿も見られる。
夢は?
と尋ねるスタッフに、
「ふるさとシリアへ帰ること」
「障がい者があたりまえに暮らせる社会にすること」と答える人たち。
彼らの熱い想いが伝わってくる。
動画をご覧いただき、
ヨルダンでのJIM-NETシリア難民支援事業へ
応援をお願いします。

|

« もっと強く、幸せになるために | トップページ | 地域包括ケアシステムとは何か45 »