« カマタの怒り(26) | トップページ | 地域包括ケアシステムとは何か47 »

2016年9月 6日 (火)

いよいよモスル奪還か

8月中旬にモスル西側の村が奪還された。
いよいよモスル奪還作戦が始まるかもしれない。
UNHCRなどでは、大量の避難民に対応できるように、キャンプづくりや診療体制を準備し始めている。
イラクには330万人の国内避難民がおり、さらに150万人の避難民が発生するおそれがあるのだ。
JIM-NETも、ミーティングに加わり、国内避難民への対応に動き出した。

P1310207

クルド人部隊がISからシリア北部のマンビジュを奪還、戦いは激しさを増している。
そんななか、シリアではシリア政府軍とロシア軍が病院を空爆。
イエメンでも、病院が空爆された。
戦争は許すことができないが、それでも、病院は襲撃しないというの暗黙のルールがあったはず。
病院を狙い撃ちしているとすれば、汚い戦争が非道な戦争になっている。
一刻も早く、戦争をとめるべきである。

|

« カマタの怒り(26) | トップページ | 地域包括ケアシステムとは何か47 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事