« 11/19チャリティトーク&コンサート「光を世界へ」開催 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(302) »

2016年10月21日 (金)

鎌田劇場へようこそ!(301)

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」
実際にあった話だ。
ローレルとステイシーという二人の女性の愛の物語。
米国ニュージャージー州で20年以上警察官をしていた正義感の強いローレルが、若い女性と恋に落ちる。
郊外に一軒家を買い、犬を飼い、二人で幸せな生活をはじめようとする。
その矢先、ローレルが肺がんとわかる。
やつれていくローレルを、ジュリアン・ムーアが好演する。
認知症の女性をえがいた「アリスのままで」でアカデミー賞主演女優賞をとったジュリアン・ムーア。
あぶらが乗り切っている。

Photo

ローレルは死を覚悟しながら、自分の死後、パートナーのステイシーに遺族年金が支給されるように訴え続けていく。
その訴えに耳を傾ける人が増え、やがて社会的な運動となって全米へと広がり、雪崩現象がおこる。
2015年6月、アメリカの最高裁が同性婚を含むすべてのアメリカ人の婚姻を保障するという判決に至る。
LGBTの人を取り囲む壁をとりはらうことになった実話。
それを正面からとりあげるこうした映画は、さらに壁を壊していくことだろう。

|

« 11/19チャリティトーク&コンサート「光を世界へ」開催 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(302) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事